ユーミン 松任谷由実 大好き!神戸っこ

ユーミン 大好き!神戸っこは、ユーミンこと松任谷由実さんを応援するファンサイトです。

コンサート ツアー 深海の街

参加者レポ

12月1日発売のニューアルバム「深海の街」を引っ提げた、全国60公演に及ぶコンサートツアー『松任谷由実 コンサートツアー 深海の街』が決定!
2021年9月30日神奈川・よこすか芸術劇場からスタートし、2022年7月9日の神戸国際会館こくさいホールまでの約60公演を予定しています。
こちらでは、ユーミン コンサート 深海の街 2021-2022に参加するご愛読者がお届けするレポを紹介します。各地で開催される公演のレポを、お楽しみに!

2021年10月 スケジュール第1期
10月6日 松戸公演(会場:森のホール21 大ホール)
  • ダブルアンコールの様子を

    • 記憶とメモによるものですので、全てを網羅されたわけではありませんのでご了承ください。

      (両腕を胸に抱いて噛み締めるようなユーミン)
      「ありがとうございます!素晴らしいダブルコール…
      私は本当に運がいい、ツアーが始まってみんなこうして来てくれる状態になって…長い道のりだったんですけど色々気づきもありました。
      ずっと自分のため、自分のためと思って力を出してきたんですが、こういう時期を経て…まだ続くかもしれないけど、残りの人生は喜んでくれる人のためにって思えるようになりました。(割れんばかりの拍手) だからこれからもおもいっきり走ります!ありがとう!」

      MC直後に武部聡志さんの奏でるキーボードからは『瞳を閉じて』の伴奏だった。
10月18日 高崎公演(会場:高崎芸術劇場)
  • ダブルアンコール前のMCにはじんときた・・・

    • 記憶とメモによるものですので、全てを網羅されたわけではありませんのでご了承ください。

      「ありがとうございます!素晴らしいお客様でした!こんな時にツアーができてホントに幸せです。〜〜〜
      高崎にあと何回これるかなぁ…そりゃ来たいけど。
      すごい個人的な話になりますが、私は実家が八王子にあって、高崎とは"八高線"っていうのが繋がっています。高校生の頃、ディーゼルカーで訳もなく乗ったりしたんですよ! 途中に基地があって、基地に幼馴染みがいたからロックのレコードをいっぱい聴くことができて、私のカルチャーを形作っています。
      それから実家が呉服屋で、父につれていってもらって、小学生の頃、桐生に。着いていったりしたこともあって〜〜〜
      こうやってツアーを組んでくるとなると、何年かにいっぺんになっちゃうし、私もキャリアの最終コーナーかなって…思っているので…(涙)
      でも、また絶対来たいです!!それまで元気で!本当にありがとうございました!」

      MC直後に武部聡志さんの奏でるキーボードからは『瞳を閉じて』の伴奏だった。
10月12日 川口公演(会場:埼玉 川口総合文化センター・リリア メインホール)
  • ダブルアンコールの様子を

    • 記憶とメモによるものですので、全てを網羅されたわけではありませんのでご了承ください。

      「キャー!嬉しいよ〜!!
      素晴らしいお客様でした!暑い中フェイスシールドしていても、表情が伝わってきました、ありがとう!
      7月まで続くツアーですけど、どこかで歌ってるってことをときどき思い出してね、この感じを力にして走っていきます。
      今日はひとしお、今まで作ってきたたくさんの歌の中から、セットリストの物語をひとことひとこときちんと伝わるように噛み締めながら歌えました!皆さんのおかげです、ありがとうございました。」

      MC直後に武部聡志さんの奏でるキーボードからは『瞳を閉じて』の伴奏だった。
10月20日 長野公演(会場:長野 ホクト文化ホール)
  • ダブルアンコールの様子を

    • 記憶とメモによるものですので、全てを網羅されたわけではありませんのでご了承ください。

      「嬉しい〜!素晴らしいアンコールありがとうございます!
      長い道のりでしたが、こうやってツアーができて本当に幸せです。そして見ていただけて感謝の気持ちでいっぱい。
      今まで作ってきた沢山の歌から物語を紡いで一言一言伝わるように一生懸命歌いました。伝わったら嬉しいなぁ…
      本当にありがとうございました!」

      MC直後に武部聡志さんの奏でるキーボードからは『瞳を閉じて』の伴奏だった。
10月21日 長野公演(会場:長野 ホクト文化ホール)
  • ダブルアンコールの様子を

    • 記憶とメモによるものですので、全てを網羅されたわけではありませんのでご了承ください。

      (両手でガッツポーズ)
      「素晴らしいダブルコールです!感激!
      スタンディングオベーションで予定調和じゃない(笑)来てくださって心から感謝しています。
      7月まで続くツアーですけど、どこかで時々歌ってるんだとか思い出してもらえたら嬉しいです。長野はまた絶対来たい!そのためには、皆もだけど、日々丁寧に過ごさないとね。
      今回は新しいアルバム『深海の街』をテーマに、今まで作ってきた沢山の中からひとつの物語を綴ったライブです。一言一言届いてくれるだろうと思いながら一生懸命歌いました。ダブルコールに甘えさせてもらって…応えさせてもらって…歌ってなかった歌なんですけど、物語を締め括るような歌を歌いたいと思います。聞いてください。」
      MC直後に武部聡志さんの奏でるキーボードからは『二人のパイレーツ』の伴奏だった。
      (歌唱後)
      「ありがとうございました!また!」
      長野2日間が終わった瞬間だった。
10月27日 大阪公演(会場:フェスティバルホール)
  • ダブルアンコールの様子を

    • 記憶とメモによるものですので、全てを網羅されたわけではありませんのでご了承ください。

      「嬉しいです!素晴らしいスタンディングオベーション!
      記憶に残るツアーになると思います。7月まで続きますが、来年も大阪に来ます。時々どこかで歌ってるんだなって思い出してもらえたら嬉しいです。
      新しいアルバム『深海の街』の世界を、今まで作ってきた沢山の曲でひとつの物語を綴りました。 素晴らしいアンコールに甘えて、この物語を締め括るような歌を歌いたいと思います。 一言一言届くようにお送りします。」
      MC直後に武部聡志さんの奏でるキーボードからは『二人のパイレーツ』の伴奏だった。
10月28日 大阪公演(会場:フェスティバルホール)
  • ダブルアンコールの様子を

    • 記憶とメモによるものですので、全てを網羅されたわけではありませんのでご了承ください。

      「嬉しいです、ありがとうございます!
      大阪のお客さんはエンタメに厳しくて、優しくて、わかってくれてサイコー!!
      来年の6月まで続く深海の街ツアーですけれど、時々どこかで歌ってるなって思い出してもらえると嬉しいです。
      ※7月までのツアーを、6月と言い間違え
      素晴らしいスタンディングオベーションを勇気にして全国まわって参ります!
      深海の街の世界観を今まで作ってきた沢山の曲の中から選んだセットリストで綴ったひとつの物語ですけれど、この素晴らしいアンコールに甘えて、締め括るような歌をお送りします。」
      MC直後に武部聡志さんの奏でるキーボードからは『二人のパイレーツ』の伴奏だった。
11月10日 神奈川公演(会場:神奈川県民ホール)
  • メンバー紹介で武部聡志さんのあとに

    • 「見えないところで働いてくれているオペレーションスタッフです!」
      と大勢のメンバーの集合写真が写し出されました。 (16人×4列のように見えました。1列目は左右6人がスタッフウェア真ん中4名は学生カメラスタッフ(セーラー服の)の16人)

      そのあとに
      「そして皆さん!皆さんも大事なクルーです!ありがとうございました!」
      と挨拶されたユーミンでありました。

      ダブルアンコール前のMCでは
      「嬉しい!来てくれてありがとう!とうとう出来たツアーです。
      そして大好きな横浜、素晴らしいスタンディングオベーション。死ぬまでにあと何回ここに立てるだろうって思うと胸が締め付けられるような感じがしますけど、できるだけ沢山やりたい!
      ニューアルバム深海の街を中心に今まで作ってきた曲の中から組んでひとつの物語を綴りました。その物語を締め括るような曲を、最後に心を込めて歌いたいと思います。」

      MC直後に武部聡志さんの奏でるキーボードからは『二人のパイレーツ』の伴奏でした。
11月15日 倉敷公演(会場:倉敷市民会館)
  • ダブルアンコール前のMCでは

    • 「嬉しいです、ありがとう!素晴らしいスタンディングオベーション、忘れません!
      このツアーは7月まで続きますが、もしすごく落ち込んだなとか、ここ一番元気を出したい時とか、この深海の街ツアーどこかでやっているなと思い出してもらえたら嬉しいです。
      倉敷、今まで何回ここに立っただろう、それからこの先何回これるかなぁ…この素敵な街に…
      新しく見に来てくれた人もいらっしゃるでしょうし、もう会えなくなった人も…長いキャリアの中、沢山いらっしゃるんです。でも全部を思い出にして、力にしてこれからもやっていきます!また会いましょうね!」
      MC直後に武部聡志さんの奏でるキーボードからは『二人のパイレーツ』の伴奏でした。
11月19日 広島公演(会場:広島文化学園HBGホール)
  • ダブルアンコール前のMCでは

    • 「嬉しいです、ありがとう!素晴らしいスタンディングオベーション、忘れません。
      楽しみにしていた広島公演もこうして過ぎていきます…死ぬまでにあと何回来れるかな…出来るだけ沢山来たいです。
      このツアーは7月まで続きますけど、〜〜〜ここ一番元気がほしいと思ったときはこのツアーのこと思い出してもらえたら嬉しいです。
      新しいアルバム深海の街を中心に今まで作ってきた沢山の曲の中から選んだセットリスト、そしてひとつの物語を紡ぎました。素晴らしいアンコールに甘えてこの物語を締め括るような歌を心を込めて歌います。」
      MC直後に武部聡志さんの奏でるキーボードからは『二人のパイレーツ』の伴奏でした。
PageTop