ユーミン 松任谷由実 大好き!神戸っこ

ユーミン 大好き!神戸っこは、ユーミンこと松任谷由実さんを応援するファンサイトです。

管理人レポ


2018年9月より、全国アリーナ規模の会場にて、ユーミン史上初のベスト選曲による、松任谷由実 TIME MACHINE TOUR Traveling through 45years 14会場29公演、開催決定。
そして追加公演が決定し、40公演が開催されることになりました。
こちらでは、タイムマシーンツアーの長野初日に参加の管理人がお届けするレポを紹介します。 ユーミン コンサート 2018-2019を、お楽しみに!

5月10日 長野初日
長野ビッグハットで開催
  • 時空の旅をしながらコンサート記録を

    • 確認していくと、1996年6月3日4日に「KATHMANDU PILGRIM TOUR 1995-1996」が開催された。長野ビッグハットでは、23年ぶりのユーミン コンサート開催なのだ。地元の方々は、待ちに待ったコンサートなんだろう。
      個人的には長野へは3年ぶり、ユーミンコンサートは「CONCERT TOUR 2009 TRANSIT」に2009年9月29日(火)長野県松本文化会館で鑑賞して以来だ。
      そして今回、新元号「令和」になり初のユーミン コンサート「タイムマシーンツアー」である。心して、鑑賞する。

開場前のようす
  • 個人的に初めて参加の会場だったので

    • 下見も兼ねて先に行って見た。長野駅から車で約7分、運転手さんが色々と説明してくれたが話のほとんどが、1996年長野オリンピックのことであった。
      会場に着いたのは、15時。外の物販コーナーでは、準備の最中であった。CD販売コーナーでも同様、そして正面階段上では、人数にすると約50名ほどのスーツ姿の男女が、何かの説明を受けているようであった。会場案内係りだろうと思う。
      正面からはまだ入れない状態だったので、1階アリーナ付近へ行くと入口が見えた。非常に狭い感じがしたのが、気になった。

開場のようす
  • 開演20分前に会場に到着したので

    • 駆け足で写真だけで雰囲気だけでも。今日の私は2階だったので、大階段を進み入口へ進んだ。その正面には、お祝い花が一つだけ・・・
      横に会場座席図があったが、各ブロックに2列しかない贅沢な席であった。

本編レポ
  • いつもながら気づきだけを

    • 18時34分定刻より若干おして、ダンサーTAKAYUKIが南西側の通路より登場。入ったすぐの南側で、早速オーディエンスをいじっていた。時計回りで進み、北側に差し掛かった最前列のオーディエンスのパーカー?みたいのものを奪った。ずっと持って進んだのだが、私の見間違いかも?そして、東側テント中にあるタイムマシーンを取ってステージへ進んだ。

      『M04:WANDERERS』のスタートは、東側であった。いつも思うのだが、このシーンではどや顔のユーミンである。
      ステージ上ではダンサーの踊りが激しいのだが、クロスするとき高橋 千佳とぶつかりそうになったダンサーがいた。それを高橋 千佳が上手く避けていた瞬間を見た。

      『M05:ダンデライオン〜遅咲きのタンポポ』楽曲終了後のMCでは
      「あらためましてこんばんは!タイムマシーンツアーへようこそ!このツアーも平成をジャンプしまして、令和最初のステージです!〜」
      新元号令和については触れられたが、ビッグハットで23年ぶりのライブとは触れられず、地元の方は残念だったかも?

      『M06:守ってあげたい』の「その瞳を忘れないで♪」
      の歌詞で、ユーミンはアリーナ東側の南寄りのオーディエンスに向けて、指さした。知り合い?顔馴染み?
      いつものユーミンパフォーマンスは、北側コーラス寄りのオーディエンスに向けて出した・・・それは、ユーミンからのハートマーク。

      『M08:かんらん車』での間奏中
      ユーミンはステージセンターで軽くダンスを。

      『M12:Cowgirl Blues』楽曲がはじまる前
      小田原 豊のドラムソロがある。途中で一旦叩くのをやめたときと終わったあとの、ガッツポーズがカッコいいのである。

      『M12:Cowgirl Blues』
      ユーミンがオーディエンスに向けての挑発ポーズは、東ブロック真ん中だった。

      『M13:もう愛は始まらない』
      ユーミンがオーディエンスに向けての挑発ポーズは、西ブロック南寄りの柱前だった。 ユーミンの挑発ポーズに、オーディエンスはノックアウト!

      『M13:もう愛は始まらない』楽曲途中
      ユーミンは、ベース浜崎 賢太のところに進む。本日のその場面、浜崎 賢太が待ち構えているかのようにユーミンから頬へのキスがあった。

      『M15:セシルの週末』でのコーラス小芝居
      今井 マサキが亜美に指輪を渡すも、亜美は放り投げてオーディエンスに手をふっていた。佐々木 詩織も同じだったがドラム前での小芝居なのか、直後に亜美と佐々木 詩織は小田原 豊に投げキッスをしていた。
      衣装替えで東側から登場するユーミン、楽曲途中の「派手好きな♪」で、肩を出して南側へ進んでいた。

      『M15:セシルの週末』直後のMC
      MC途中でオーディエンスの「ユーミン!かわいい!」との声掛けがあったが、タイミングが合わず時間が少し経過して「えっ?こわい?」とユーミンは返していた。

      『M24:宇宙図書館』
      楽曲が終了したのは、20時55分。本編が終わったのだが、ユーミン、サポートメンバー、コーラス、ダンサーが横一列になって一礼するシーン。南側→北側→西側→東側の順であった。

アンコールレポ
  • アンコールで再登場のユーミン


    • サポートメンバーも配置されたのが、21時であった。ユーミンは手を高くあげながら、ステージ回りを一周してセンターに着き話始めた。
      「ありがとうございます〜駆け足で45年のさわりだけを」の直後、少し涙ぐんでいるようであった。

      『EN3:ひこうき雲』
      楽曲終了後、ユーミンは深々と一礼をするのであった。「ありがとうございました!」と一言あったが、アンコールは終了したのであった。

      アンコール終了後ダブルアンコールを求めて
      拍手と声援を送ったのだが、オーディエンスの出口方向へ進むのが早いことには驚いた。23年ぶりの長野ビッグハットでの公演で、地方最終公演地でもある。今日の長野公演最終日は、是非ともダブルアンコールがあるように願いたい。私も精一杯、ダブルアンコールを求めて声援する。
      私事、私たちが声援と拍手をおくっていた少し離れたところで、同じように声援と拍手を送っておられた方々がいた。お疲れさま。

PageTop