ユーミン 松任谷由実 大好き!神戸っこ

ユーミン 大好き!神戸っこは、ユーミンこと松任谷由実さんを応援するファンサイトです。

管理人レポ


2018年9月より、全国アリーナ規模の会場にて、ユーミン史上初のベスト選曲による、松任谷由実 TIME MACHINE TOUR Traveling through 45years 14会場29公演、開催決定。
そして追加公演が決定し、33公演が開催されることになりました。
こちらでは、ベストアルバムツアーの神戸初日&2日目に参加の管理人がお届けするレポを紹介します。 ユーミン コンサート 2018-2019を、お楽しみに!

10月6日 神戸初日
初日グッズ販売のようす
  • グッズは既に購入済だったが

    • 並びの状況が気になっていたので15時20分頃に並びの列に入った。その時点で、既に50名ほど並んでいた。

ガチャガチャ販売のようす
  • 16時前に販売開始。ガチャガチャをみると

    • やはりくじ引きであった。盛岡でネーミング通りの「ガチャガチャ」を見ていたので、味気ないような感じ・・・

スタンド席入場
  • 開場のため列に並び、席の方へ。

    • 本日はスタンド席なので、左側へ進んだ。スタンド席通路には、座席表の看板はなかった。

公演レポ
  • 本日の気づき

    • ・アリーナの席間が狭い感じ、ステージ周りとアリーナ最前列の間隔が狭いのであのパフォーマンスは?と気になった(開演前)
      ・南東側の通路からTAKAYUKIが登場したのは18時33分
      ・『M05:ダンデライオン』〜遅咲きのタンポポ直後のMC「あらためましてこんばんは。本当にこんなお天気の中、ありがとうございます。さあ、私が来たからには大丈夫! えーあらためましてタイムマシーンツアーへようこそ!〜」
      台風が近畿地方に接近し、一時は直撃するかもしれないと不安視されていたので、天気のことを話題にされたのだ。
      ・『M14:Carry on』のコーラスは亜美
      ・コーラスは、今井マサキが東にむかって、亜美はステージ、佐々木詩織は北へ向かって歌っている光景が多くみられた。

  • ダブルアンコールを求める大きな声援と拍手の中

    • ユーミン・武部 聡志・今井マサキ・亜美・佐々木詩織が南東ブロック方向の通路より登場、ユーミンは東側からステージへ上がっていかれた。
      「本当にありがとうございました。久しぶりにセンターステージ、でも近くていいでしょう。私は格闘家になったような、ちょっと興奮します。近年ずっとホールツアーが続いたので、今日久しぶりにあの「赤い橋」を渡りました。本当に神戸は素敵で、ずっとキャリアの中でこの神戸でライブをやってきたし、これからもできるだけたくさん神戸で歌いたいです。神戸の歌を・・・。」武部聡志の奏でる音は、『タワー・サイド・メモリー』であった。
      終盤、コウベ〜ガール〜♪のオーディエンスの合唱、最後は手拍子。なぜに?
      終了後、オーディエンスからの拍手とともにコーラスもユーミンに向けて拍手をしていた。 「ありがとうございました!」とユーミン。今井マサキ・亜美・佐々木詩織・武部聡志の順番で東側階段をおり、ユーミンは手を振りながら東側階段を下りて通路へ。

  • 神戸は大好きな街だと以前から云われていた

    • ユーミン。久しぶりのワールド記念ホールは、オーディエンスにとっても嬉しかった。32公演の中でも、特別だったに違いない。その証に、神戸大橋を『赤い橋』と云われたその言葉から伝わってくる愛が感じられた。

10月7日 神戸2日目
神戸2日目開場前のようす
  • 時刻は既に開演20分前の17時40分

    • 急ぎ足で周辺の様子を写真に収めるという感じ。

  • ロビー花は、

    • 2階外に飾ってあった。

  • 本日の席はアリーナなので

    • 下へ進んだ。アリーナ入口前に、座席図なるものがあった。聞いた話によると、アリーナ西最後尾は5列、東は6列だったそう。北・南の中ほど通路手前が11列だそう。

神戸2日目公演本編レポ
  • 本日の気づき

    • ・南東側の通路からTAKAYUKIが登場したのは18時5分
      ・『M04:WANDERERS』の岩室由美・高橋千佳のダンスは、あらためて観ても切れきれ。2人がいるから、ユーミンの楽曲そしてツアー全体の演出が活きる(と思う)。
      ・『M06:守ってあげたい』コーラスとのハモるところで、ユーミンは歌詞を間違えた。そのときに、頭をごつんとたたくような仕草をされた。
      ・『M10:夕涼み』の2番目「STAY DREAM♪」と入るのは、コーラス亜美だった。
      ・『M12:Cowgirl Blues』の出だしの「カモン!」は、コーラス佐々木詩織だった。
      ・『M15:セシルの週末』の間奏での寸劇、亜美と佐々木詩織がそれぞれに今井マサキから指輪?をプレゼントされるシーンで、両名とも投げ捨てる。盛岡のときとは違うパターンであった。
      ・『M20:不思議な体験』、長い前奏でコーラスの高い声。亜美、佐々木詩織から今井マサキへとそれぞれに発声。最後は亜美で、楽曲スタート。
      ・神戸2日目は20時22分本編終了。
      ・アンコール『ひこうき雲』。楽曲終了後マイクを通して、「ありがとうございました!」と。左手を大きく振り、次に右手でも大きく振りステージ穴から下がっていかれた。時間は20時30分。

神戸2日目公演ダブルアンコールレポ「赤い橋」
  • ダブルアンコールを求める大きな声援と拍手の中

    • ユーミン・武部 聡志・今井マサキ・亜美・佐々木詩織が南東ブロック方向の通路より登場、ユーミンは東側からステージへ上がっていかれた。
      「本当にありがとうございます。大好きな神戸で久しぶりにアリーナにたてて、本当に嬉しい。久しぶりにあの「赤い橋」を渡ってきました。本当に神戸は素敵!ロマンチック!80年の幕が開けるころに、どうしてもそのロマンチックな神戸を歌にしたくて、タワーサイド・メモリーお送りします。」
      武部聡志のキーボード伴奏、今井マサキ・亜美・佐々木詩織のコーラスで始まった。
      終了後『空と海の輝きに向けて』が流れる中、武部 聡志・今井マサキ・亜美・佐々木詩織・ユーミンの順番に東側よりさがり南東ブロック方向の通路より下がっていかれた。

  • 盛岡からスタートして4回目

    • 2日間の神戸公演は終わった。これ以上、何も言うことはない・・・

PageTop