ユーミン*松任谷由実 大好き!神戸っこ

ユーミン 大好き!神戸っこは、ユーミンこと松任谷由実さんを応援するファンサイトです。

管理人レポ


2016年11月2日発売の38枚目オリジナルアルバム「宇宙図書館」を引っさげての同タイトルツアーの開催が決定しました。 11月18日神奈川・よこすか芸術劇場からスタートし、2017年9月22日の東京国際フォーラムまで、合計42都市80本、自己最長、最多本数の超ロングランツアーとなります。
こちらでは、ユーミン コンサート 宇宙図書館 2016-2017の金沢初日に参加する管理人がお届けするレポを紹介します。ユーミン コンサート 2016-2017を、お楽しみに!

9月15日
梅の橋
梅の橋 梅の橋からみた風景
  • 秋の時期の浅野川は

    • フェミニンであった。連休前の静かな街、明日の宇宙図書館コンサートツアー金沢公演ダブルアンコールがあると期待して、あの歌を期待して・・・
伊勢賢治さんライブ
チラシ ステージセット
  • 金沢の有松にあるライブハウス

    • NOELで、ユーミンのコンサートサポートメンバーでサックス担当の伊勢賢治さんのライブがあった。伊勢賢治さんの兄弟子「本間昌晃」さんをお迎えして、スペシャルなライブとなった。ライブは良かったのだが、もっと良かったのは兄弟子のトークが最高なのだ(笑)
9月16日
金沢公演初日のお昼
看板 ロビー ロビー グッズの案内板
  • 静寂したロビーには

    • 当然だが誰もいない。でも夕方になると人が集まり、賑やかになる。ユーミンコンサートツアー宇宙図書館の金沢公演初日、77本目となる公演だが、地方公演は今日と明日で終わりだ。早く始まってほしい気持ちと、終わらないでほしい気持ちが交互にきて複雑だ。
金沢公演初日開場の様子
注意書き ロビー
  • グッズ先行販売が17時までとの掛け声があり

    • 16時53分、直後に少し並び始めた。
      そして17時20分頃、少し早めの開場がはじまった。
金沢公演初日 本編
  • 本編レポは気づきを・・

    • 17時55分上手側の黒服、階段下からあがっていく演出に変わった?

      18時3分暗転
      M01『宇宙図書館』でユーミンが舞台後方に登場、直後にオーディエンスが「ユーミン!」と掛け声、悲鳴、大きな拍手があった。
      楽曲終了後、鳴り止まぬ拍手にユーミンは左右のオーディエンスをゆっくりうなづくように見ていた。
      MC「〜お忘れものはないですか?」との直後、客席から「ありません!」との大きな声が聞こえ周りからは失笑みたい声が・・その一言で一瞬ユーミンはうなずくも、躊躇したような感じにも見えたのだが・・・そこはユーミン、何もなかったようにMCを続けられた。

      M04『AVALON』でオーディエンスの最初のスタンディングがあった。

      M07『ひこうき雲』の歌い出しで拍手。どちらにも感じられたのは、金沢のオーディエンスがユーミンを待っておられた感である。

      M08『Midnight Scarecrow』の前奏、ユーミンはずっとサポートメンバーの演奏を見つめながら、リズムをとっていた。何を思われていたんだろうか?

      M10『月までひとっ飛び』、登場後すぐに「月まで〜」と歌いながら手を出だしたところ、手がスタンドマイクにあたりマイクがぶれだしてちょっとあたふたされていた。その一瞬ユーミンは少し笑っていたようにも・・うそラジオで言われたように、千秋楽まで何があるかわからない。面白いものが見れるかも・・・

      M12『何もきかないで』の楽曲終了後、鳴り止まぬ拍手を割って「どうもありがとうございました。」と始まったMC。
      「古い曲を続けてお送りしました。(大きな拍手)金沢って結構静かなの。アンコールがこなかったこともある。(えーーーー)ほんとうだよ。今日はすごいです。〜今日はいっちゃいますよ!でも今のうちに温存しておいてください。お互い労らないとね。(かわいい!かわいい!とあちらこちらから聞こえてくるオーディエンスの声)だってユーミンだもん!〜私はユーミンの奴隷なの。ぬいぐるみを着ているようなもの。誉められて伸びるタイプだよ!〜」機嫌の良いアーティストだ(笑)

      M13『Smile for me』での上手へ移動したとき、オーディエンスの立ち上がりのアピールがあったが動ぜず普通に歌われていたユーミン。

      M14『残火』で前奏(イントロ)が始まった直後、前列オーディエンスが立ち始めつられてパラパラと立ち始めた。
      中盤、ギター遠山哲朗が前に出てステージ上手で演奏する場面では「〜君と会いたい〜」とフレーズでユーミンの左手が遠山哲朗の肩にのっていた。

      M15『満月のフォーチュン』での中盤、サックス伊勢賢治がステージ前方下手側での演奏があるがそれが何ともカッコいいのだ。

      M18『ダンスのように抱き寄せたい』、M19『気づかず過ぎた初恋』では、コーラス須藤美恵子が頬につたう涙をぬぐっているような仕草が見られた。
      19時45分本編終了
アンコールとダブルアンコール
  • アンコールEN1『星になったふたり』

    • 軽やかなステップ、決まった振り付けなど、ユーミンのリズム感溢れるこの曲は、宇宙図書館コンサートツアーではキーとなる曲ではないかと個人的に思う。そして私にとって大好きなこの曲、ユーミンの歌われる姿、サポートメンバーの演奏・コーラスが数えるぐらいしか観れないと思うだけで泣けてくるのだ。 アンコール終了でユーミン、サポートメンバーがステージ前方に横一列になって一礼、時間は20時6分。

      ダブルアンコール
      スポットライトが、下手へあたった。ユーミンと武部聡志が登場し大きな歓声と拍手。お二人とも笑顔だ!武部聡志はキーボードへ進み、ユーミンは下手で深々と一礼、上手へ移動し深々と一礼しセンターでも深々と一礼した。そしてはじまったMCは
      「本当にありがとうございました。最高のお客様でした。だって私が最高なんだもん!私の感性をたくさん育ててくれた金沢だから、このステージの全部がみんなに伝わったと思います。ありがとうございました!」
      2公演を除く各公演地でのダブルアンコール、本日金沢公演初日は75曲目のダブルアンコールとなった。それは、『卒業写真』。オーディエンスは静かに聴き入っていたが、途中から歌い出すオーディエンスがいた。手拍子はされないが、静かに歌うのだ。それがなんとも、泣けてくる。ユーミンは、中盤から泣いていた。
      楽曲終了後、深々と一礼。すぐに武部聡志に労いの拍手をされ、センターへ戻り「ありがとうございました!」と深々と一礼のあといつもの両手を広げてのポーズ。そして左手を大きく上にあげて、バイバイと・・・

      77本目の金沢公演初日が終了した。明日の台風の進路が気になるが、ちょっと金沢の夜を楽しむために乾杯と!
PageTop