ユーミン*松任谷由実 大好き!神戸っこ

ユーミン 大好き!神戸っこは、ユーミンこと松任谷由実さんを応援するファンサイトです。

管理人レポ


2016年11月2日発売の38枚目オリジナルアルバム「宇宙図書館」を引っさげての同タイトルツアーの開催が決定しました。 11月18日神奈川・よこすか芸術劇場からスタートし、2017年9月22日の東京国際フォーラムまで、合計42都市80本、自己最長、最多本数の超ロングランツアーとなります。
こちらでは、ユーミン コンサート 宇宙図書館 2016-2017の8月京都に参加する管理人がお届けするレポを紹介します。ユーミン コンサート 2016-2017を、お楽しみに!

8月23日
本日の急な雷雨
ロームシアター京都の外観
  • 夕方、茨木・高槻を新快速が通過する中

    • 大雨だった。無事に京都に到着するのだろうか?
      そんな中にも寄り道をする私は、ツイッターにアップされた画像が気になっていた。その周辺はこうなんだと妙に納得。
ロームシアター京都の上空
外観 看板 奥に見える鳥居
  • 夕方18時ごろ、厚い雲に覆われていた。

    • 雨大丈夫かな?
開場前の様子
物販のようす 入場の様子
  • 多くのオーディエンスが

    • 宇宙図書館ツアー最後の京都公演を着物の方も見受けられる中、待ちにまったと云ったようにホールへ流れていく。
開演
入口
  • 18:43の暗転、少し押しているようだった。

    • 本日の席は前が無い見切りで、真横から見るような感じ。 ですので今までに気づかなかったようなことがあるかも・・・
      暗転になってスクリーンにメンバーの影絵などが映し出されるのだが、最後の方で ダンサーTAKAYUKIの影絵が映し出され明るくなっていくところにカーテンがあがり、ステージ後方の上段にいるTAKAYUKIにスポットが当たっていた。
公演
ポスター
  • ライブの気づき

    • M12『何もきかないで』のあとのMC
      歌い終えられたあとの凄い拍手と歓声だったのだが、MCが始まりしばらくするとオーディエンスは座り始めた。だがセンター最前列の2名が、立ったままユーミンの声に耳を傾けていた。 「どうもありがとうございました。古い曲を続けてお送りしました。(可愛い!)だってユーミンだもん(笑)!(歓声と拍手)この可愛らしさを作るためにね、45年かかっているんですよ!昨日今日のかわいいんじゃないんだから!な〜んてね。昔のジャケット写真〜去年から・・・」この去年からを発したあと、2名の方に「温存しておいていいから。離れ小島になってる」とユーミンジョークで座るように促すと、二人は後方を振り返りびっくりした様子で座られた。

      M13『Smile for me』の上手へ来られたとき、私の2人横のカップルをいじっておられた。そのカップル、嬉しそうにされていたよな(笑)

      M14『残火』、スモークが私の席まできた様子は、雲海のようだった。 サポートメンバーの演奏は、鬼の形相のように激しいものがあり迫力があった。
      M15『満月のフォーチュン』ギター遠山哲朗との絡みは無事に済んだ。そして玉や!も成功!
      M17『真夏の夜の夢』TAKAYUKIと隼海 惺のダンスは、横から見てても素敵だった。二人の手の動きは、色気たっぷりだったのが印象的。
      アンコールEN1『星になったふたり』、ユーミンの軽やかなステップは、ステージ全体を使って、飛ぶ鳥のように華麗で優雅であった。
ダブルアンコール
ポスター
  • スポットライトが下手に当たり、ユーミンと武部聡志が登場。


    • 下手、上手の順番に一礼するユーミン、センターで一礼したあとのMCは・・・
      「本当にありがとうございました。最高のお客様でした。(大拍手)何十年ぶりかで京都でできて桜の満開の日に来たんですけど、今回のツアーで2度も来れて本当に嬉しいです。やっぱり美意識の高い街だから、このショーが響いてくれてとっても自信になりました。去年の11月にスタートした宇宙図書館ツアー全80ステージ、今日が71ステージ目でした。残すところあと9ステージ、もうゴールが見えて寂しい気持ちでいっぱいだけれど、本当みんなのお蔭でここまで演ってこれました。押し付けがましいかもしれないけど、悲しいこととか苦しいこととか理不尽なこととか、もし思いつくときには私もこうやってきたことっていうのを、思い出してくれたら嬉しいです。(凄い拍手)過ぎると楽しい思い出ばっかりだよ、何事も。心を込めてアンコールに応えたいと思います。」
      武部聡志が奏でるその曲は『卒業写真』だった。
      20:40ダブルアンコールが始まった。歌い出しから、ユーミンは泣いていた。それにつられて、泣いてしまうオーディエンス。 歌い終えられキーボードが奏でられるなか、マイク無しで「ありがとう」を4回云われ少し後方へ下がっていかれた。そしていつものように武部聡志に向けて拍手、最後はためてためて両手を広げるいつものポーズ。最後は「ありがとうございました!」と下手へさがっていかれた。
      美意識の高い街とユーミンが云われた京都の宴は、終わってしまった。何か夏が終わるような寂しい気持ちになって、私はあるところへ向かった。

      ※MCはご愛読者さまの協力のもと、記載しています。正確なものではありませんので、ご了承ください。
京都の老舗バー
京都の老舗バー
  • 終演後の21時頃に来店したときは

    • 満席だった。私が7年ぶりに来店し名前を申しあげると、詳細を覚えていてくださっていた。
      本日の忙しいことの喜びを、「姫効果」とオーナー自ら仰っておられた。店内から漏れ聞こえてくるなかに、「ユーミン」「あのギターの方」「遠山哲朗さん」というのが 何よりの証だ。1時間ばかりしか楽しめなかったが、人と接する仕草や所作をオーナー自ら模範となって教えてくれてるように感じた。
PageTop