ユーミン*松任谷由実 大好き!神戸っこ

ユーミン 大好き!神戸っこは、ユーミンこと松任谷由実さんを応援するファンサイトです。

管理人レポ


2016年11月2日発売の38枚目オリジナルアルバム「宇宙図書館」を引っさげての同タイトルツアーの開催が決定しました。 11月18日神奈川・よこすか芸術劇場からスタートし、2017年9月22日の東京国際フォーラムまで、合計42都市80本、自己最長、最多本数の超ロングランツアーとなります。
こちらでは、ユーミン コンサート 宇宙図書館 2016-2017の八王子に参加する管理人がお届けするレポを紹介します。ユーミン コンサート 2016-2017を、お楽しみに!

5月21日
八王子までの道のり
逗子リビエラ JR相模線 橋本駅 オリンパスホール八王子
  • 快晴の5月21日

    • のんびりと八王子まで行きたかったので、逗子から茅ヶ崎で乗り換え相模線に乗って八王子までやってきた。
開場のようす
オリンパスホール八王子 入口 看板 お祝い花 オリジナルグッズ 陳列
  • 八王子市市制100周年記念事業として

    • 冠がついているユーミン 宇宙図書館コンサートツアーは、老若男女が集まっての地元八王子での公演。まもなく開演となる時間だが、客席はまだ埋まっていない感じがした。
      18時2分ごろ、舞台上の演出をカットしたかのように暗転になり音楽がスタートした。なぜに?このような感じで、今回も私的な気づきや感想レポになることをご了解願いたい。
本編の気づき1
オリンパスホール ビル
  • まずは最初のMCが、大きく変更されていた。

    • 先日の東京公演からだったとのこと。メモ書きの一部を紹介することにする。
      M01『宇宙図書館』終了後、凄い拍手の中ではじまったMCだった。私の席からは見えなかったが、ユーミンはすでにこのとき、涙されていたよう。 「こんばんは、宇宙図書館にようこそ。皆さんは宇宙図書館と聞いて、何を想い浮かべるでしょうか?宇宙に関する文献の多い図書館、あるいは宇宙に浮かんでいる図書館。私は図書館こそが、宇宙の入口だと思っているのです。だって何も知らなかったら〜耳を澄ませば遠くへ行ってしまった人たちの声が聞こえるようです。そろそろ列車の時間のようですね。図書館発宇宙行き、いえ終着駅は皆さんが決めてください。お忘れものはないですか?では出発です。」直後遠山哲朗のギターが始まり、M02『あなたに会う旅』が始まった。
本編の気づき2&3
  • M03『影になって』の終盤

    • サックス伊勢賢治とギター遠山哲朗の掛け合いで演奏する両人の背景に大きな影ができていた。いつから(笑)? それがわからない・・・悔しい・・

      気づきその3
      会場の雰囲気によって違うが、八王子ではM04『AVALON』で立ち始めた。この曲がスタンディングの分岐点みたいに、盛り上がっていく会場が多いと感じるのは私だけ?あくまで私が鑑賞した私的感想だが・・・
本編の気づき4
  • M12『何もきかないで』終了後の凄い拍手

    • そのまま立っているオーディエンスに「〜お互いいたわりあって、温存温存。まだまだ続きますから。蓄えておいてください。」と座ってと促すユーミン。それでもまだ立っていた前列下手側のオーディエンスに「大丈夫?」と気遣うユーミンであった。そのやり取りを多くのオーディエンスが目撃するのだが、立ちっぱなしの方は笑いを感じてやっとのことで座った。
      続くMCは「〜去年からTwitterを始めました。自分があんなことをするなんて、全く想像もしてませんでした。でもね、はじめてみると面白くなっちゃって。今ごろスマホ大活躍ですよ。自撮したりしてね、まだ棒は持ってないんですけど、もうすぐ(笑)。写真を撮る自分、撮られる自分、そこには見えない世界があります。そんなことを考えながら、作ってみました。次の曲を聴いてみてください。」始まったのはM13『Smile for me』

      今回の八王子公演当日のお昼すぎ、机に亡きお父様の遺影と鰻重の写真がtwitterにアップされた。ユーミンご本人がアップされたようだが、数時間後にはその鰻重のお店にお客様が足を運んだようだ。恐るべしユーミンの力・・・
本編の気づき5
  • M14『残火』は加藤久幸のドラムから

    • スタートするのだが、同時にスモークがたかれる。会場の大きさや温度等によってスモークの発生度が違ってくると想像するが、八王子では雲海のように見えた。偶然だろうと思うが、スケール感がでていたのには驚いた・・
本編の気づき6
  • M15『満月のフォーチュン』間奏で

    • 伊勢賢治のアルトサックス演奏がステージ前で披露されるが、直後の演出が変更された。
      伊勢賢治が元の位置に戻るや否や、ユーミンが手に何かを持って下手から登場。センターへ進みながら右手に持ったいたものが、色々な色に変化していった。最後手にのせたが色が変化したままの状態。そしてユーミンは、下手側に投げ捨てた。そのあとの歌の途中、落ちている玉みたいなものを拾ってステージ下手側サイドへ放り投げていた。これが演出?と違和感を覚えて終演後にホールを出たところ、知り合いの方から今回は失敗だったと聞かされた。
      正解は、色の変化の最後にその玉みたいなものが飛んで行くのだそうだ。次回が楽しみなシーンだが、因みにファンクラブ公式サイトのM社長のコメントに演出変更をした理由が掲載されていた。会員専用コンテンツなので、あしからず。
本編の気づき7
  • 本編最後M20『GREY』で

    • 1番Aメロ2回目から2番のさびまえまでの『彼』の声。
      それは、楽曲『ゴロワーズを吸ったことがあるかい』でかまやつひろしさんの声だけを抜き出して『GREY』にかぶせているのだ。 中盤のところであるが、今回からその声がしっかり聴きとれるようになったのだ。かまやつさんへの愛が、しっかりと伝わってくるシーンであると思う。
アンコール
ポスター
  • アンコール前にサポートメンバーが

    • 2名ずつペアで登場するが、各サポートメンバーが手を振りながら登場した。八王子からの変更のようだが、今井マサキ(上手)と伊勢賢治(下手)のペア登場時、肩を組んでの登場だった。41公演目の八王子で後半戦が始まったのであるが、サポートメンバーの団結がより一層強くなっていると感じられた瞬間であった。
ダブルアンコール
  • 八王子公演も終わろうという寂しい瞬間がきたが

    • オーディエンスが誰ひとり帰らない一体感のもと、大きな拍手と手拍子が続いた。それはダブルアンコールを求める気持ちの表れだった。そしてその気持ちに応えるように、下手からユーミンと武部聡志が登場。スポットライトが当たったユーミンは、愛をいっぱいオーディエンスに発しているようだった。武部聡志はそのままキーボードへ進み、ユーミンは下手で深々と一礼、上手へ進み同じように深々と一礼。その後センターでは両手を降って深々と一礼。始まったMCは・・・メモ書きで表現の違いがあるかもしれないので、あしからず。
      「本当にありがとうございました。最高のお客様でした。あー泣いちゃいそうです。今年、この町に住まなくなって45年経ちます。荒井由実時代の倍どころか、だから生まれてから計算できないぐらいなんです(笑、オーディエンスも笑)。〜プライベートではちょいちょい来るんですけど、今回宇宙図書館で伝えたかったことが、今日本当に伝えられたなあって思っています。(オーディエンスの大きな拍手)最初にも言ったように、まさに耳を澄ませば遠くに行ってしまった人たちの声が聴こえるようです。そこにも向けて歌いました。そしてこの町に言い尽くせない感謝の気持ちでいっぱい。感傷的になっていてもしょうがないからこの町で作ったご当地ソングを披露します。」
      直後に武部聡志の奏でる軽やかなキーボードで、ユーミンの声から「中央フリーウェイ♪」。オーディエンスは手拍子で盛り上げたのであった。歌い終えたユーミンは一礼のあと、武部聡志に向けて拍手、上手ステージサイドに進み拍手、下手ステージサイドへ向かい拍手。センターへ戻り深々と一礼のあと「ありがとうございました!」と直後、両手を広げいつものポーズ!手を振りながら下手へ下がっていかれた。
トリプルがあるような勢い
  • ダブルアンコールが終わったのだが

    • 拍手がなりやまずトリプルアンコールを求める拍手が続いた。アンコール!という声も手伝って、求める拍手と声援が半端なかった。場内アナウンスは終了のお知らせだが、拍手はなりやまない。
      数分たってやっと係りの男性が前列の方で、これ以上公演は無いという意味のばつ印を出して、複数の男性スタッフが続行は無いとの声だし。やっとオーディエンスの拍手が収まったのだが、次にオリンパスホール八王子で鑑賞できるのはいつの日になるのだろう・・・そんなふうに思うのは私だけなのか?ユーミン 八王子公演は、やっぱりプレミアムだった。多謝
PageTop