ユーミン*松任谷由実 大好き!神戸っこ

ユーミン 大好き!神戸っこは、ユーミンこと松任谷由実さんを応援するファンサイトです。

管理人レポ


2016年11月2日発売の38枚目オリジナルアルバム「宇宙図書館」を引っさげての同タイトルツアーの開催が決定しました。 11月18日神奈川・よこすか芸術劇場からスタートし、2017年9月22日の東京国際フォーラムまで、合計42都市80本、自己最長、最多本数の超ロングランツアーとなります。
こちらでは、ユーミン コンサート 宇宙図書館 2016-2017の鳥取に参加する管理人がお届けするレポを紹介します。ユーミン コンサート 2016-2017を、お楽しみに!

7月15日
鳥取駅
JR鳥取駅
  • 鳥取に、お昼12時頃初上陸

    • 完璧に遠足気分な管理人である。
鳥取砂丘
入口 鳥取砂丘
  • こちらも初の鳥取砂丘

    • 13時頃で灼熱の太陽の中、観光客が多いのには驚いた。 しかし、壮大なスケールには感動した。
とりぎん文化会館
看板 梨花ホール
  • とりぎん文化会館梨花ホールへ下見

    • 15時頃だったので、静寂したロビーではあった。 夕方こちらに多くの方々が集まってくるんだろう。
開場の状況
  • 開場前の17時30分頃

    • 大勢の方々が今か今かと入場を待っていらした。 1998年1月30日「LEGEND OF THE ZUYUYA TOUR」鳥取県立県民文化会館での開催から、なんと19年ぶりの開催である。
本編の気づき1
  • 18:02暗転、鳥取公演でも私自身の気づきを

    • お届けすることにする。まず最初の気づきは・・・
      M01『宇宙図書館』が終わっての、凄い拍手と温かな拍手が混ざり合っての感じ。 鳥取のオーディエンスが待っていたと実感できる雰囲気であった。
本編の気づき2
  • 2つ目の気づきは、最初のMCが変更されていたこと・・・

    • MC『こんばんは!宇宙図書館にようこそ!皆さんは宇宙図書館と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?宇宙に関する文献の多い図書館、あるいは宇宙に浮かんでいる図書館、私は図書館こそが宇宙の入口だと思っています。 だって、何も知らなかったら宇宙が何もさえわからなかったのですから。〜耳を澄ませば遠くへ行ってしまった人たちが聞こえるようです。 そろそろ列車が出発するようですね。図書館発宇宙行き、終着駅は皆さんが決めてください。さあ、お忘れ物はないですか?では出発です。」 いつからなのだろうか?
  • 3つ目の気づきは・・

    • M04『AVALON』のイントロが始まると、前列のオーディエンスが立ち始めほとんどの客が立った。待ちにまったといった感じだと思う鳥取公演、19年ぶりだからだろうか?
本編の気づき3
  • 4つ目の気づきは・・

    • M07『ひこうき雲』の演奏直後、オーディエンスの拍手が耳に入ってきた。ユーミンと年齢の近いファンにとっては、嬉しい曲なんだろう。 セットリストに入ってて良かった曲であった。そして『ひこうき雲』最後のフレーズで、武部聡志の影がバックスクリーンに映しだされた。このシーンって最初からあったのか?
  • 5つ目の気づきは

    • M12『何もきかないで』終了後、凄い拍手と歓声。
      「どうもありがとうございました。古い曲を続けてお送りしました。〜〜(ユーミン!かわいい!)もっと言って!(かわいい!)餌を与えて!ありがとう。 でもね、皆さんも今日町を歩いている人よりここにいる人の方が多いでしょ(笑)久しぶりにこんな人見た? 湧いて出てきたのかな(笑)?嬉しい。しかし昔のジャケット写真を見ると〜〜」 なんとも機嫌の良い女(ひと)である・・・
アンコールの気づき
  • 6つ目の気づきは

    • アンコールのメドレーの最後『DESTINY』の「埃だらけの」のフレーズで泣いておられるユーミンを見てしまった。それにつられてじんときた私。 この楽曲で上手へ移動し歌い終えたあと、横向きに舌をべろっと出されたところを確認できた。勝手な想像だが、ユーミン独特の呼吸方法なんだろう?
ダブルアンコールの気づき
  • 7つ目の気づきは

    • 20:07ダブルアンコール。沢山の拍手と歓声の中、下手よりユーミンと武部聡志が登場する。そこへスポットライトが当たり、また歓声が鳴り響くのだ。 ユーミンは下手で深々と一礼、上手へ移動しマイク無しで「ありがとう」と云われ深々と一礼、そしてセンターへ移動し深々と一礼した。
      涙を拭ってから発した言葉は・・・「本当にありがとうございました。最高の最高のお客様でした。(凄い拍手)19年ぶりですってね。すごい年月だよね。 この先19年後に来るとしたら、でも本当になるべく早く来れるようにがんばります。みんなも色々なことがあるだろうけど、ヒアリとか気をつけて(笑)。 ひつこいけど、この町でこんなにみんなに来てもらって、業界中に同業者に日本中に私は自慢できる。自慢していいですか?遠くから思っていようね。本当にありがとうございました。」 と武部聡志が奏でるキーボードは、『卒業写真』であった。
  • 8つ目の気づきは

    • ダブルアンコール終了後沢山の拍手の中、ユーミン自身がオーディエンスに向けて拍手、武部聡志に向けて拍手、最後に「ありがとうございました!」と深々と一礼のあとは顔を上げて両手いっぱい広げてのお決まりのポーズ!そして手を振りながら、下手へ下がっていかれた。19年ぶりの鳥取公演が終了したのだ。
      ※MCは、私とご協力者のメモをもとに作成しました。言い回しなど、違いがあるかもしれませんがご了承ください。
PageTop