ユーミン*松任谷由実 大好き!神戸っこ

ユーミン 大好き!神戸っこは、ユーミンこと松任谷由実さんを応援するファンサイトです。

管理人レポ


2016年11月2日発売の38枚目オリジナルアルバム「宇宙図書館」を引っさげての同タイトルツアーの開催が決定しました。 11月18日神奈川・よこすか芸術劇場からスタートし、2017年9月22日の東京国際フォーラムまで、合計42都市80本、自己最長、最多本数の超ロングランツアーとなります。
こちらでは、ユーミン コンサート 宇宙図書館 2016-2017の8月大阪2日目に参加する管理人がお届けするレポを紹介します。ユーミン コンサート 2016-2017を、お楽しみに!

8月26日
ランチ
ビール
  • 公演を鑑賞する前に

    • ゆっくりしたかったので、こちらでまっとりとした。その前に関西での最終である今日の大阪公演を大切に鑑賞するために、乾杯!
フェスティバルホールの大階段
大階段
  • 大階段をあがっていくと

    • ホールに入ってしまえば、関西でのすべての公演が終わってしまう。全80ステージ中、73ステージ目。なんだかなあ・・・
開場のようす
ロビー前 ロビー
  • 17時40分ごろ大階段を上がりきると

    • そこには人でいっぱいだった。ロビー左手ではグッズ販売があり、係りの方の声が響き渡っていた。右手奥ではチケットもぎり切りと手荷物確認で、少しずつしか前に進んでいない。関西でのこの光景、宇宙図書館ツアーでは最後になってしまった。
      今日も色々な方々のご尽力があって、大阪公演最終日を鑑賞できることになった。本当にありがたいことだ。そしてほぼ定刻の18時2分、暗転になった。
公演のようす
案内掲示板
  • M01『宇宙図書館』直後のMC前

    • オーディエンスからのたくさんの拍手の中、ユーミンはにこやかにその光景を眺めていらした。そしてユーミン!と叫ぶ声に、首を横に振るように応えていたようにも思えた。 瞬間的に個人的に思ったのは、トリプルコールプラスか?と・・・
      そしてM04『AVALON』から、前列の方が立ち始めのだ。ただその一体感というものではなく、バラバラにという感じだったと思う。
  • M12『何もきかないで』楽曲終了後の

    • 凄い拍手と歓声、そして鳴りやまぬ拍手。 「どうもありがとうございました。」とはじまったMC「古い曲を続けてお送りしました。(鳴りやまぬ拍手)〜思いっきりいっちゃうよ!でも温存しておいて。〜(かわいい!かわいい!)おおきに。だってユーミンやさかい。(凄い拍手)昔のジャケット写真を見るとビックリします。〜私自身はね、自覚はないんですよ(オーディエンスからの可愛いという声援を受けて)。私自身はユーミンの奴隷なの(笑)。わかるかな?大阪人の方にこのシュールな笑い。〜」茶目っ気たっぷりのユーミンMCに、オーディエンスは大満足だったに違いない。
  • M14『残火』のイントロで

    • ステージ後方から出てくるスモーク、雲海のようであった。中盤のギター遠山哲朗との絡み、遠山哲朗と離れるときにユーミンの左手は遠山哲朗に添えらていた。
      M17『真夏の夜の夢』、ダンサーTAKAYUKIの踊りは色気たっぷり。芯がぶれていないので、そう感じるんだと思う(管理人の勝手な感想)。因みに私がSAJスキー2級取得したときに指導員に云われたのは、首を動かすことなくいわゆるぶれることなく滑るようにと。なんでもそうだと思うが、芯がぶれずしっかりしていれば正確に見せれるんだろう(と思う)。
ダブルアンコール
公演ポスター
  • 20時5分アンコールが終了し拍手と歓声の中

    • 3分後の20時8分下手にスポットライトが当たる。大人な事情?があってか、こんな早いダブルアンコールってあるの? そんなことを思いながら続けてメモすることに・・ユーミンと武部聡志が登場。下手で武部聡志は手を振りながら、そのままキーボードへスタンバイする。ユーミンは下手で一礼、上手へ向かい手を振りながら一礼。センターへ戻り深々と一礼。オーディエンスからの凄い拍手と歓声であった。そして始まったMCは
      「本当にありがとうございました。最高のお客様でした。去年の11月にスタートした宇宙図書館ツアー、年末に大阪に来たとき自分で言い出したのはいいですけど80ステージって無理だなって正直思ったんです。とにかくもくもくとやっていくしかない思って。なんかだんだん力がついて次に来たときにはパワーアップしてたのね、そしてとうとう大阪での最後のステージとなりました。(凄い拍手)あと7ステージ、今日が73。なんかもうゴールが見えて、とっても寂しい気持ちです。(がんばれ!頑張れ!)たぶんもうすぐやってくる達成感と燃えつきと、以上に時の流れの早さに圧倒されるばかりですが。皆さん気づいてないかもしれないけど、大阪は本当にエンタメ(エンタテインメント)に厳しい場所なんですよ。そんな精度の高い大阪のオーディエンスの皆さんに、凄く熱く反応してもらえて〜勇気をもってまた次に進んでいきたいと思ってます。ありがとうございました!」
      そして武部聡志が奏でるのは『青いエアメイル』であった。オーディエンス誰もが、静かにユーミンの歌に聴き入った。私の席から見えたのは、途中からユーミンが泣いていたこと・・・
      歌い終えたユーミンは、一礼しすぐに武部聡志のところに進み拍手、センターへ戻り深々と一礼。 そしていつもの手を広げるポーズで、「ありがとうございました!」と一言発し下手へ進んで行かれた。20時15分、全ての関西での公演が終わった瞬間であった。

      ※MCはご愛読者さまの協力のもと、記載しています。正確なものではありませんので、ご了承ください。
終演後
花束
  • 公演が終わって息抜きに行ったが

    • 抜けずに帰宅。以前逗子公演が終わって帰ってきたような気持ちになっている。もうひとつ、エンタテインメントの厳しい大阪であるとユーミンは云われたが、今後も関西地区の在阪ではその姿勢は引き継がれていくのだろうか?と気になる。
PageTop