ユーミン*松任谷由実 大好き!神戸っこ

ユーミン 大好き!神戸っこは、ユーミンこと松任谷由実さんを応援するファンサイトです。

管理人レポ


2016年11月2日発売の38枚目オリジナルアルバム「宇宙図書館」を引っさげての同タイトルツアーの開催が決定しました。 11月18日神奈川・よこすか芸術劇場からスタートし、2017年9月22日の東京国際フォーラムまで、合計42都市80本、自己最長、最多本数の超ロングランツアーとなります。
こちらでは、ユーミン コンサート 宇宙図書館 2016-2017の東京ファイナルに参加する管理人がお届けするレポを紹介します。ユーミン コンサート 2016-2017を、お楽しみに!

9月22日 東京ファイナル
いざ出発
上野毛のサンドウィッチ
  • 朝起きてみると、もうその日であった。

    • 数時間後には始まってしまう、宇宙図書館コンサートツアー2016ー2017 東京公演ファイナル。今の気持ちと言えば・・・皆一緒なんだろう。
      その前に上野毛へ、オーナーは大変親切であった。
当日券の様子
当日券購入希望の方への案内板 並びの様子 当日券の先頭 並びの専用入口
  • 15時50分、当日券を確保されるための列。

    • 15名ほどの方が、並んでおられる。
      16時、 当日券並び用の扉があき、列が進んでいった。前回のところではなく、反対側への移動だ。
      18時30分頃、会場へ向かうも、当日券の列がまだあった。その中に知り合いが・・・あとでわかったのだが、無事に鑑賞できたようだ。
開場
入場引換券についての案内 案内板 グッズコーナー
  • 座席引換券方式での、私自身初の

    • 入場となった。座席券と交換されるのだが、どんな席での鑑賞となるんだろうか?そして入場すると配布物が渡されるが、その中に2018年1月開催の大井町音楽祭のチラシがあった。個人的に嬉しいことだ・・。
公演の本編1
祝花
  • 18時57分いつもの演出で、3名が?

    • いつもは上段で2名での演出だ。別の1名は、上手の階段から上がっていった。誰なんだろう?

      19時5分暗転、いよいよ宇宙図書館コンサートツアーファイナルがはじまった。

      M01『宇宙図書館』楽曲終了後の鳴り止まぬ拍手の中、右手をあげてそれに応えるユーミン。直後のMCは・・・
      「こんばんは、最後の宇宙図書館にようこそ。(多くの拍手)皆さんは宇宙図書館と聞いて〜そういえば今日はちょっと・・お気づきの方もいらっしゃると思いますが、今日は映像の収録があります。ブルーレイになって残ります。皆さんにもご協力していただけると・・・(多くの拍手と歓声)(それに反応されてお茶目な仕草のユーミン)〜そういう感じ!ありがとう!そろそろ終わりのようですね。図書館発宇宙行き最終便、さあ終着駅は皆さんが決めてください。お忘れ物はないですか?さあ出発です。」

      M04『AVALON』、楽曲が始まると凄い手拍子が・・直後に待ちきれないオーディエンスが立ち上がった。それにつられて総立ちになったのだ。
      M05『BABYLON』では、すぐに座るオーディエンス。メリハリなのか?
      M07『ひこうき雲』の終盤、武部聡志の奏でるキーボードがバックスクリーンに影となって映り出される。その影がなんとも格好いいのだ。
      M08『Midnight Scarecrow』、序盤遠山哲朗がギターを弾かないところでは、遠山哲朗が口ずさんでいたのがわかった。
      M09『リフレインが叫んでる』では、再びオーディエンスは立ち上がる。
公演の本編2
祝花
  • M12『何もきかないで』終了後の鳴り止まぬ拍手に続くMCは

    • 「どうもありがとうございました。古い曲を続けてお送りしました。(ずっと続く拍手)凄いね!東京なのに、わっーだってユーミンだもん!最終日だから、とっておきのジャンプを。あのね、まだあなたたちは(最前列のオーディエンスを見ながら)生まれてなかったかもしれませんが、大昔『やさしさに包まれたなら』シングルのジャケットなんですけど片足を上げて 飛んでるんですよ。自分ではルノちゃんと呼んでるんですよ。せーのって言ってルって言ってくれたら、飛びますから(笑)(凄い歓声と拍手)せーの!ル!」 本当にあり得ないパフォーマンスであった。ユーミンが飛んだのだ。しかも吉本みたいに・・・、気をよくしたアーティストとオーディエンスは、それにアンコールを求めるであった。「こっちの足(左)が見えるんでね。せーの!ル!」また飛んだのだ! 「意識してないんだけど、私はユーミンの奴隷なの。ちょっとシュールですが。〜まだ立っててくれてるんだ。お互い労りあわないとね。今日はいっちゃうからね!〜」
      これがユーミン流ファンサービス?今日も機嫌の良いアーティストである。

      M13『Smile for me』、最前列前のレールに設置されたカメラ4台が左右動く。どのようなカメラアングルで、収録が観れるのかが楽しみである。
      歌終了後に下手へさがっていかれたユーミンに、温かい拍手を送るオーディエンスであった。ファイナルって感じがあって、それも少し寂しい感じがした。

      M14『残火』は最初からスタンディングであった。そして見えるステージは、雲海であった。楽曲途中、ユーミンが飛んだと同時に「ハッー」とマイク無しで言われたが、呼吸?気合い?ギター遠山哲朗との背中合わせのあと離れるとき、ユーミンの左手は遠山哲朗の肩を2回叩いたように見えた。 この楽曲の最後、ステージセンターに立っていたユーミンは両手をクロスさすような感じで締め括った。演出が変わったような気がしたが・・・

      M15『満月のフォーチュン』、サックス伊勢賢治がステージ前で演奏する場面での歓声は凄かった。地道なライブ活動が活かされてきた人気上昇中の伊勢賢治である!因みにファイナルでのサックスは、通常になっていた。個人的には、あのエロい色が良いと思うのだが・・例の手品は大成功!収録があったので、気合いが違うのだ。

      20時50分本編終了。
アンコール
祝花
  • アンコールEN1『星になったふたり』

    • やはり私自身はこの曲でだめだった。各地での仲間たちとの思い出や生活などなど、色々あったから・・
      アンコールが全て終わった直後、ドラムの加藤久幸はステッィクを上に放り投げた。やりきった感たっぷりのパフォーマンスだ!
      メンバーを紹介後に皆で横一列になった直後、「どうもありがとうございました!」と手を大きくあげて拳をつくって。手をつないで一礼のあと、ユーミンは涙しながら後ろを向いた。もうぼろ泣き、最後は武部聡志とハグされた。このツアーって、戦いだったんだと実感。
ダブルアンコール
祝花
  • ファイナルはやはり違う。ダブルアンコールを求める

    • オーディエンスの拍手と気持ちが一つになったとき、スポットライトが下手にあたった。
      ユーミンと武部聡志が下手へ登場、お互いがお互いに労いの拍手。下手で上手でそしてステージセンターで一礼のユーミン。続くMCでは、 「ありがとうございました。完走しました。これからも時の流れに負けないように、走っていきます。」 と武部聡志が奏でるのは、『青いエアメイル』であった。間奏でのオーディエンスからの拍手に、ユーミンは軽くうなづくのであった。
カーテンコール
祝花
  • ダブルアンコール『青いエアメイル』終了後

    • 一礼したすぐに武部聡志に拍手し涙をぬぐって「本当にありがとう。こうやって最終日を迎えられて、本当に嬉しいです。このツアーを共にしたスタッフを紹介させてください。」下手からスタッフが入場してきた。上手側にはマニュピレーターの山中雅文さんがおられる。中ほどには、ハンズのツアーマネージャー、下手には雲母社の大竹誠さんもだ。その中に、メンバーも混じっていた。ただ松任谷正隆氏の姿はなかった・・・
      「約1年のコンサートツアー、リハも入れると約2年。ともに戦い続けた仲間たちです。〜小さな失敗大きな失敗、色々ありました。でも、このように最終日をみんなで迎えられると全部が良い思い出になっています。〜それぞれ明日から違う現場に散っていきます。仮初めの家族は、今日で解散です。寂しいけどみんな元気でやっていってね。みなさん、メンバーとスタッフにもう一度大きな拍手をどうぞ!そしてオペレータースタッフにも!」
      この間上手側の、遠山哲朗と山中雅文さんは肩を組んで・・・
      「ありがとうございました!(割れんばかりの拍手が続く)最後にみんなで写真を撮りましょう!」とツアーマネージャーが舞台後方へ移動し舞台上の方々は中央に集まり、オーディエンスも一緒に。バッチリ決まったところで、たくさんの拍手。真ん中より別れて、左右にはけていった。ユーミンは下手からだったが、遠山哲朗と山中雅文さんの周りが異常に盛り上がっていたのが気になる。
トリプルアンコール
祝花
  • そして今ツアー初のトリプルへ、オーディエンスの気持ちは

    • ひとつになった。 オペレータースタッフ席をみると、舞台監督から指示が出ているようだ。確信した、きっと次もあると・・
      下手にあたったスポットライト、跳び跳ねて入ってきたユーミンにだ!武部聡志は、キーボードへ進んだ。
      はじまったMCは「本当にほんとうにありがとうございました。」そしてはじまったのは、『卒業写真』だった。間奏中、上手側へセンターへ手を振っていた。束の間のオーディエンスとの触れあいなのか・・・終奏、ユーミンは肩をふるわせながら泣いていた。直後、演奏が終わった武部聡志に歩み寄りそしてハグされた。 「ありがとうございました。」と一礼したあと、いつものためるポーズで両手をひろげ、左手を高くあげいつまでも手を振りながら下手へさがっていかれた。

      終わった時間を忘れるぐらい、私は舞台にのめり込んでいた。回りの仲間たちと一緒に聴けたことみれたこと、ほんとうに幸せに思う。色々な関わり方に感謝だ。
PageTop