ユーミン*松任谷由実 大好き!神戸っこ

ユーミン 大好き!神戸っこは、ユーミンこと松任谷由実さんを応援するファンサイトです。

管理人レポ


2016年11月2日発売の38枚目オリジナルアルバム「宇宙図書館」を引っさげての同タイトルツアーの開催が決定しました。 11月18日神奈川・よこすか芸術劇場からスタートし、2017年9月22日の東京国際フォーラムまで、合計42都市80本、自己最長、最多本数の超ロングランツアーとなります。
こちらでは、ユーミン コンサート 宇宙図書館 2016-2017の4月京都2日目に参加する管理人がお届けするレポを紹介します。ユーミン コンサート 2016-2017を、お楽しみに!

4月12日
2DAYS京都
  • 2012年(平成24年)4月1日

    • 老朽化のため52年の幕を一旦降ろした京都会館。 リニューアルをめざし、2016年1月10日に「ロームシアター京都」として見事復活! 再スタートしたのであった。
      ユーミンの京都公演は、17年前の2000年1月17日18日「FROZEN ROSES」 ツアーが旧京都会館で開催された。今回は17年ぶりに、京都での開催となった。
      個人的には、先週の高知公演に行けなくなった。この年齢になって色々とあるが、 本当に色々な方々の支えがあってからこそ、色々なことが続けられるってことが 身にしみてわかった。「ありがとうございます。」シンプルだけど、この言葉に 尽きる。 なので、今年に入って初めての鑑賞。昨年鑑賞した内容を、あらためて色づけし たいと思いじっくり鑑賞したいと思う。
      追伸だが、昨晩鑑賞した友人から興奮した声が届いた。観てのお楽しみだと・・・
キャラメルママ付近の橋
ユーミンが立ち寄った場所
  • まずは聖地巡礼1

    • ユーミンが立ち寄られた場所で、枝垂れが風情のあるものだった。ここはお分かりかと思いますが、キャラメルママの近く。
キャラメルママ
キャラメルママ
  • 聖地巡礼2

    • やはり、キャラメルママ。ユーミンは、宇宙図書館ツアー京都公演期間中に2回もご来店されたとのこと。よほど、気に入られているようである。
ロームシアター京都
ロームシアター京都 ロームシアター京都
  • ロームシアター京都

    • 地下鉄東山駅より徒歩約10分ほどにある。途中には文教学園という学校があり、のどかな閑静の地域であった。桜の綺麗なのも手伝ってか、なんだか心までもがあらわれるような日であった。
広場
広場 公園
  • 広場

    • 会場の横は公園になっており、子供たちが賑やかなに遊んでいた。隣は平安神宮で、その公園から大鳥居が見えるので あった。
開場前の様子
メインホール入口 入口付近 ロビー

開場前のメインホールロビーの様子。

開演
入場の様子 オリジナルグッズ
  • 18:33のほぼ定刻通りに暗転

    • 本日は2階4列の正面であった。ここから眺める景色は、最高だった。何より、全体が見渡せる のと、音がいいのと。胸に響く鼓動のようなものを感じられ、心地良かった。
公演
広場
  • ライブの気づき

    • 本日の気づきは1
      『ひこうき雲』終了までは、大きな本に見立てたスクリーンは無かった。次の『Midnight Scarecrow』スタート時、大きな本に見立てたスクリーンが明るくなった。

      気づき2
      『何もきかないで』の後のMCでは、やまない拍手がよほど気持ちよかったのか『あっ、いい感じになってきましたね。〜』と続けられたMCは、若干変わっていた。

      気づき3
      『Smile for me』のとき、掛け合いの最後にコーラスで歌うときには、ギター遠山哲朗がコーラスを指差してた。

      気づき4
      『真夏の夜の夢』の歌詞は、「アラビアンナイト」に変わっていた。

      気づき5
      本編最後の『GREY』では、1番Aメロ2回目から2番のさびまえまで、『彼』の声が聴きとれるのである。声の主は、かまやつひろしさんであった。『ゴロワーズを吸ったことがあるかい』のどのバージョンかはわからないが、ボーカル部分だけ抜いて流してるとのこと。この演出は、高知2日目(最終日)からの変更であったとのこと。ユーミンの心のうちは読み取れはしないが、本当に愛してやまない人なんだと・・・
ダブルアンコール
ポスター
  • 最後の最後に京都に

    • プレゼントを贈ったのは「経る時」。
      オーディエンスの大歓声と拍手の中、下手から登場のユーミンと武部聡志にスポットライトがあたる。まずは下手側に手を振り 一礼、センターで手を振りながら上手へ一礼。そしてセンターへ移動し、深々と一礼のあとに発した言葉は・・・「本当に嬉しいです。ありがとうございました。最高のお客様です。ってことは、私が最高ってこと!〜」。
      直後の武部聡志の奏でる音は、なんともやさしい音色であった「経る時」。誰も歌わない静寂な雰囲気の中、楽曲が流れていった。 終わったらもちろんオーディエンスからの大拍手で、ユーミンは武部聡志に向かって拍手。上手ステージサイドと下手ステージサイドのスタッフへ拍手。 最後の「ありがとうございました」と深々と一礼の直後、いつもの手を広げてのポーズ!
      感動の京都2DAYSが終わった。桜の咲く京都でのライブ、贅沢な一日を過ごせた
PageTop