ユーミン*松任谷由実 大好き!神戸っこ

ユーミン 大好き!神戸っこは、ユーミンこと松任谷由実さんを応援するファンサイトです。

管理人レポ


2016年11月2日発売の38枚目オリジナルアルバム「宇宙図書館」を引っさげての同タイトルツアーの開催が決定しました。 11月18日神奈川・よこすか芸術劇場からスタートし、2017年9月22日の東京国際フォーラムまで、合計42都市80本、自己最長、最多本数の超ロングランツアーとなります。
こちらでは、ユーミン コンサート 宇宙図書館 2016-2017の金沢2日目最終日に参加する管理人がお届けするレポを紹介します。ユーミン コンサート 2016-2017を、お楽しみに!

9月17日 金沢2日目最終日
金沢 街の朝のようす
街の朝 構内の張り紙
  • 朝起きてみると、静かな街であった。

    • しかし、北陸本線の一部が運休と発表。そして1時間後には、敦賀から金沢まで全面運休との発表。結局、今日は帰ることができなかったので当初から決めていたことが正解だったのでひと安心。
      そして今日78本目金沢公演2日目の最終日、初のトリプルコールを目指して・・・
開場前のロビー
公演の案内板 グッズ先行販売 立見チケット
  • 16時すぎに会場にいくと

    • 既にグッズ販売の先行をやっていた。15時30分から開始だったのだが終了は16時30分。
公演の本編
入口
  • 17時33分暗転、大人の事情?

    • M01『宇宙図書館』楽曲終了後、たくさんの拍手が長く続くのであった。それにつられて、ユーミンはオーディエンスを見守るようにうなづく仕草があった。なんだか、あたたかなライブになりそうな予感。

      M04『AVALON』、待ちきれないオーディエンスがたちはじめ、つられて総立ちになった。 この楽曲でのライティング、ユーミンに神が降りてきたような神秘的なものであった。

      M07『ひこうき雲』、前奏が始まると拍手が・・やはりオールドファンにはたまらない楽曲であるのだろう。

      M08『Midnight Scarecrow』の前奏、昨日と同様にユーミンはずっとサポートメンバーの演奏を見つめながら、リズムをとっていた。何を思われていたんだろうか?

      M09『リフレインが叫んでる』、オーディエンスがちらほらたちはじめ、つられて総立ちになった。

      M10『月までひとっ飛び』、下手よりユーミンが登場の際、少し立ち止まってユーミンだもん!のようなポーズをとられた。オーディエンスの拍手は、すごいものがあった。

      M12『何もきかないで』の楽曲終了後、鳴り止まぬ拍手を割って「どうもありがとうございました。」と始まったMC。 「古い曲を続けてお送りしました。(たくさんの拍手が続く)今日はあがっているんですよ。(かわいい!かわいいよ!)もっと言って!すご〜い、今日は一丸となって言ってくれた。(オーディエンスの長く続く拍手)誉めると伸びるタイプなんだから。どうぞ今のうちに、温存しておいてください。〜今日はいっちゃうかな?どかんっと・・〜」 今日も機嫌の良いアーティストである。

      M14『残火』、ユーミンがステージ後方より歌いながら前へ進んだとき、オーディエンスは立ち始めた。楽曲途中、ユーミンが飛んだと同時に「ハッー」とマイク無しで言われたが、呼吸?気合い?ギター遠山哲朗との背中合わせのあと、ユーミンの左手は遠山哲朗の肩を抱き寄せのような感じだった。

      M15『満月のフォーチュン』、サックス伊勢賢治がステージ下手側の前で演奏するときのサックスの色は、エロイ色だ。オーディエンスは気づいているの?

      M19『気づかず過ぎた初恋』、歌い終えた終盤で演奏が続く中、オーディエンスの拍手が続きユーミンは両腕で抱き締めるようなポーズをとっておられた。何かうるっとされたようにも見えた。
      19時16分本編終了。
アンコールとダブルアンコール
公演ポスター
  • 19時21分アンコールがはじまった。

    • 最初ペアになってサポートメンバーが登場するのだが、一番好きなシーンだ。78本目の今日、絶対忘れない。
      EN1『星になったふたり』、続くメドレーを聴きながら長く続いたツアーであった色々なことを思い出したら、涙が止まらなかった。 19時37分、アンコール全てが終了、ユーミンは涙涙だった。

      19時39分、たくさんの拍手の中で下手側にスポットライトがあたった。ユーミンと武部聡志が登場、まずユーミンは下手でマイク無しで「どうもありがとう」と言いながら深々と一礼、上手側でも同様にマイク無しで「どうもありがとう」と深々と一礼、センターへ進み同じく深々と一礼。 はじまったMCには、オーディエンスの全てが感謝感激だった。
      「本当にほんとうにありがとうございました。最高のお客さまでした。最高のツアーでした。あと2ステージ、東京でファイナルがありますがご存じかもしれないけどツアーは今日でおしまいです。(すごい拍手)去年の11月から始まった宇宙図書館ツアー、全80ステージ。乗り越えられると思ってなかったんですけど、本当に最初。でも皆の顔をみて丁寧にアップしていったら、力ついて前の私よりフェーズがあがった。私の感性をたくさんたくさん培ってくれたこの金沢で向かえられて、ほんとうに幸せです。どれだけときが流れても音楽が好きでみんなが好きで、だって私の感性の一部だもの。ありがとうとしか言えません。どうもありがとうございました。」 MCが終わりはじまった曲は『青いエアメイル』だった。
      楽曲終了後、武部聡志に歩み寄り長い感謝の拍手、そして「ありがとうございました!」と続くのはいつもの一礼をためての両手をひろげてのポーズ。そして左手を大きくあげてのバイバイであった。下手へさがっていかれたユーミンであったが、続くトリプルを求める拍手が長く続くのであった。
      PA席では終わった感があり、舞台監督と制作サイドが耳うちされていたが場内アナウンスで全て終了となった。
PageTop