ユーミン*松任谷由実 大好き!神戸っこ

ユーミン 大好き!神戸っこは、ユーミンこと松任谷由実さんを応援するファンサイトです。

管理人レポ


2016年11月2日発売の38枚目オリジナルアルバム「宇宙図書館」を引っさげての同タイトルツアーの開催が決定しました。 11月18日神奈川・よこすか芸術劇場からスタートし、2017年9月22日の東京国際フォーラムまで、合計42都市80本、自己最長、最多本数の超ロングランツアーとなります。
こちらでは、ユーミン コンサート 宇宙図書館 2016-2017のゲネプロに参加した管理人がお届けするレポを紹介します。ユーミン コンサート 2016-2017を、お楽しみに!

11月17日
招待状
招待状

ゲネプロ招待・・・友人が当選しました。有難いことに誘ってくれましたので、甘えて行かさせていただきます。願えば叶う!という気持ちは、変わらずに・・・

よこすか芸術劇場
よこすか芸術劇場

神戸を出たのは早朝、今日は待ちに待ったユーミンコンサート宇宙図書館ゲネプロの日。健康で元気であるから、行けるのだと感謝。

入口
入口
  • 横須賀芸術劇場がある最寄りの汐入駅に着いた

    • 午前中の早い時間だった。この時季にしたら、少し暖かさも感じられる気候であった。ベイスクエアよこすか1番館4階が横須賀芸術劇場2階入口になるのだが、その前は既に列を成していた。皆さんちょっとお疲れ気味な感じ?私も列に並ぶことにした。
ベイスクエアよこすか1番館3階
ベイスクエアよこすか1番館3階
  • 私が並んで30分後ぐらいに係りの男性から

    • 今並んでいる通りの順番で階下へ誘導すると云われた。ベイスクエアよこすか1番館3階が劇場1階になるが、その入口付近へ先頭を誘導するように移動した。
受付の案内
受付の案内
  • 係りからの注意事項が、口頭であった

    • それは、招待状と交換の座席チケットはランダムになるということ。つまり、列順番での良席ではないかもしれないということであった。俄かにざわめき始めた瞬間であった。
注意の張り紙
注意の張り紙
  • 口頭での注意事項だけでなく

    • 貼り紙が出された。招待状には、入場前のことなど一切記載はないのだ。友人と無事に客席に付けることだけを、祈ったのだ。
横須賀芸術劇場2階入口
横須賀芸術劇場2階入口
  • 係りからの注意事項で幾度かあった

    • CD予約販売の招待状1枚に付き2名分のチケット交換だが、交換時は必ず同行者がいるようにとのことであった。そして予定時間を少し過ぎたころ、招待状と座席番号記載のチケットの受渡しが始まろうとしていた。少し雑音があったが、無事にチケットを受け取った。奇跡の席であったのは、招待状が届いた友人のおかげ・・多謝。
入場後のロビー
  • ここからの時間は止まったように

    • 忘れてしまった。入場が始まりロビーに進むと、グッズ販売は今日は無し、すぐ右のところでアルバムジャケットと同じ歪んだ図書館をバックに記念撮影があり結構な列をつくっていた。 そして会場に入ると、壮大なツアーセットが目に入ってくるのだ。それが巨大図書館!舞台近くまで行くと目にできるのは、サポートメンバーの楽器配置だ。上手からギター・コーラスのマイク3本・キーボード、通路があってその横からドラム・ベース・サックス and moreだ。サポートメンバーは、既にWOWOW放映の解体新書で一応公表済だ。
開演前の16時10分
  • 大きな拍手の中、グレーのスーツを着た

    • 演出家松任谷正隆氏が登壇。挨拶がはじまった。
      「こんにちは、公開ゲネプロの時間がやってきました。(大きな拍手で笑みが)ご存知かと思いますが、ゲネプロは最終リハーサルです。昔は最終リハーサルは僕らだけでやってました。〜今回はアルバム先行予約、僕らの学校関係者、バンド、スポンサー、イベンターさんあと何だったけ?ちょっと忘れてました。あとファンクラブか?大事なのを忘れてた(笑)。大事なことは、僕らが1回このショーがどういう反応を持って受け入れられるかということ・・皆さんは今日お客様でもありますが、僕らにとって反応をしていただく大事な実験者であります。」
      ここで拍手の大きさを確認する松任谷さん、その拍手の大きさにご満悦だった。
      「それで(拍手の大きさ)お願いします!もちろん立ち上がりたかったら、立ち上がって結構です。それで今度のショーで反応があったら、それを見極めて明日からの勢いをつけさせて下さい。お願いします。(大きな拍手)これから4分半の曲が流れます。それから2分半後、つまり合計7分後に今回のショーが始まります。さあ4分半の間もこのショーが始まっているのですが、まあトイレに行くのでしたらどうぞ。では7分後にショーをお届けします。」と約4分ほどの挨拶後下手へ下がっていかれた。
      ※メモ書きによるものですので多少の表現の違い等、ご了承ください。
公演中
  • 16時22分ごろ、ゲネプロが始まった。

    • 公演内容は初日に届けることにして、ゲネプロでは開演中のふとした瞬間のユーミンの表情について触れることにする。それは涙された場面があったけど、こちらでその瞬間をみたのは3回。
      それはまず19曲目「気づかず過ぎた初恋」伊勢賢治の鈴で演奏開始だが、少しの間暗転である。ユーミンは舞台上でコートを脱ぐのだが、頬にしたる涙をぬぐったような仕草を見た。その終盤では、左目から頬につたっていく涙が見えた。そしてアンコールのメドレーで最後の「DESTINY」、途中涙ぐんでいるユーミンがいた。 勝手な解釈かもしれないが、私はその瞬間この公演が上手くいったんだと思った。
      本日ダブルアンコールは、無かった。開演前の松任谷さんの挨拶でも、ダブルアンコールのことは触れられていない。 今日のゲネプロを鑑賞して唯一云えるのは、宇宙図書館はじっくりしっとりと聴かせてくれるライブであることは間違いなしだ!自分の脳内でも、ブラッシュアップ!
PageTop