ユーミン*松任谷由実 大好き!神戸っこ

ユーミン 大好き!神戸っこは、ユーミンこと松任谷由実さんを応援するファンサイトです。

管理人レポ


2016年11月2日発売の38枚目オリジナルアルバム「宇宙図書館」を引っさげての同タイトルツアーの開催が決定しました。 11月18日神奈川・よこすか芸術劇場からスタートし、2017年9月22日の東京国際フォーラムまで、合計42都市80本、自己最長、最多本数の超ロングランツアーとなります。
こちらでは、ユーミン コンサート 宇宙図書館 2016-2017の神戸2日目に参加する管理人がお届けするレポを紹介します。ユーミン コンサート 2016-2017を、お楽しみに!

4月16日
神戸観光
神戸国際会館南側のスタバ前 南京町 くまもんのお店 大丸神戸店前
  • 4月16日の神戸は

    • ユーミンの宇宙図書館神戸公演の2日目4月16日、昨日とは違って快晴。人も多く集まっている神戸での仲間との観光だが、中華街でお腹いっぱいになったので 南京町界隈だけとなった。いつも見ているのに、違った風景に見えるのはなぜ?機嫌の良い男だから(笑)か?
開場前の様子
公演ポスター
  • 公演ポスターとよく見ると

    • ユーミンの宇宙図書館8月京都公演の告知であった。本日は17時開場で17時30分開演の案内の下に、開場前のグッズ販売案内が無かった。予定は15時30分からなのだが、只今の時間は15時。 実際はどうだったんだろうか?
      まもなく開場され、こくさいホールの中にオーディエンスが集まってくる。今日で終わると次は?そう考えると、なんだか寂しいが・・・
公演の様子
入口
  • 神戸2日目の気づきは

    • 今日もほぼ定刻通り17時33分に開演。そして今日の気づき1は
      M12『何もきかないで』楽曲終了後でのMCの様子から、ユーミンは非常にご機嫌だったと感じられた。
      「どうもありがとうございました!」拍手が続く中、「古い曲を続けてお送りしました。」拍手とユーミン!ユーミン!との 声援が続き「あ〜〜いい感じになってきた!でもね、労りあって〜」まだまだ続くユーミンという声援の中「昔のジャケット写真を見てね〜」
      という状況であった。

      気づき2は
      M19『気づかず過ぎた初恋』のオーディエンスにマイクを向けて、歌ってという合図。上手からセンターへ、そして下手へマイクを向けて「ららら〜〜♪」と 一緒に歌うのだ。最後、センターへ戻り手を合わせて終了となる。

      気づき3は
      アンコール『DESTINY』のときに、ベース須長和広とドラム加藤久幸が向き合っていたが、何か気になるのだが・・
      その後、ベース須長和広はユーミンとコーラスと同じように足をステップしていた(笑)。

      メドレー終了後のメンバー紹介だが、キーボード武部聡志以外のサポートメンバーが隼海 惺(はやみ せい)が紹介されたときにする手を広げてその後 一礼する動作に変わっているのだ。サポートメンバーのリラックスした様子がうかがえる。
ダブルアンコール
入口
  • 神戸2日目も

    • 歌われたのだがその前に、私の親友が次のような感想を云われた。「ステージが図書館の中だから、アンコールのメドレーは本を1ページずつめくっていくように 感じられたと。メドレーって、寄せ集めと云う意味もあるのだよ。」演出家の真相はいかに・・・
      アンコールが終ると神戸初日以上にオーディエンスの鳴りやまぬ拍手の中、下手に登場したユーミンと武部聡志にスポットが当たった。そのまま武部聡志はキーボードへ 進み、上手から須藤美恵子・松岡奈穂美・今井マサキのコーラスが登場した。ユーミンはセンターで一礼、上手へ手を振りながら一礼。センターへ戻り一礼した。 始まったMCは、「本当に嬉しいです、ありがとうございました。最高のお客様です。〜最高に幸せです。できるだけ長く続けられるように、日々努めます。みんなも元気でね! 今日は、神戸っていいなって思ったときに創った曲をお届けします。」武部聡志の奏でるキーボードが始まったのは、『タワー・サイド・メモリー』だった。 最高潮のオーディエンスは、ユーミンの歌が始まると静まりかえったように聴き入っていた。 楽曲が終っても鳴りやまない拍手、ユーミンは武部聡志に向かってそしてコーラスに、上手ステージサイドと下手ステージサイドのスタッフへ拍手された。 最後の「ありがとうございました」と深々と一礼の直後、いつもの手を広げてのポーズ! 神戸2DAYSが終った瞬間だった。
PageTop