ユーミン*松任谷由実 大好き!神戸っこ

ユーミン 大好き!神戸っこは、ユーミンこと松任谷由実さんを応援するファンサイトです。

管理人レポ


2016年11月2日発売の38枚目オリジナルアルバム「宇宙図書館」を引っさげての同タイトルツアーの開催が決定しました。 11月18日神奈川・よこすか芸術劇場からスタートし、2017年9月22日の東京国際フォーラムまで、合計42都市80本、自己最長、最多本数の超ロングランツアーとなります。
こちらでは、ユーミン コンサート 宇宙図書館 2016-2017の12月大阪2日目に参加する管理人がお届けするレポを紹介します。ユーミン コンサート 2016-2017を、お楽しみに!

12月21日
本日催しの案内板
案内板
  • 公演を鑑賞する前に

    • 第796回うそラジオ(2016年12月2日〜12月8日オンデマンド放送)での、ユーミンとリスナーとの会話。ユーミンはその中で、ニューアルバム宇宙図書館は自分で制作したものではないと感じていたと・・・リスナーの号泣するのがユーミンに移って感動。そこで一言、アルバムがやっと(聴く側に)届いたんだと実感したと・・・
      さてそんなビックリするような発言をされた後でのライブは、群馬の桐生公演が済んでいます。大阪公演では、どのようになるんでしょうか?
フェスティバルホールの大階段
大階段
  • 初日に行かれたご愛読者様によりますと

    • この時期の特別バージョンがあったようです。今日2日目、楽しみです。
オリジナルグッズの先行販売
先行販売の案内
  • オリジナルグッズの先行販売は

    • 16時45分からとなります。
オリジナルグッズ先行販売のようす
オリジナルグッズ先行販売のようす
  • 先行販売の開始時間直前

    • 6組の方が、並んでおられました。
開場時間5分前のようす
開場時間5分前のようす
  • 開場時間5分前

    • あまり並んでいないように感じます。平日で年末、皆さんお忙しいんですね。
開場時間のようす
開場時間のようす
  • 開場時間18時

    • 開場時間ちょうどに、係りの女性から声がかかりました。「大変長らくお待たせしました。只今、開場します。」
公演本編の様子
セットリスト
  • 19時8分暗転でスタート

    • 4曲目「AVALON」で、下手側前列の方々が立っていた。ユーミンの緊張がほぐれる感じ。12曲目「何もきかないで」では、オーディエンスはスタンディング。なんだか、ユーミンは気持ち良さそうに歌われているようだ。その証拠に13曲目「 Smile for me」での中盤、前列のオーディエンスに万遍なく笑みを振りまいておられた。14曲目「残火」では、ドラムの演奏が始まると手拍子だ。なんだか暖かなライブとなって、聴いていても見ていても心地よい。
      アンコール終了後、マイク無しで「バイバイ」と云いながら下手へさがっていかれた。それが21時10分。
ダブルアンコール
入口前の公演ポスター
  • ダブルアンコール前

    • 上手側入口付近に目を向けたところ、公演担当プロモーターの社長をお見かけした。結構なお年なのに盛り上げるためにか、社長自ら手拍子をされている。この光景を見ただけでも、キョードー大阪様の企業姿勢がどれだけ素晴らしいかがわかった。 プロモーターにとってのお客様は、来場される方々だけでなく舞台にたたれているアーティストもだから。余談でしたが・・・
      そしてたくさんの拍手と手拍子に後押しされ、ユーミンと武部聡志氏が登場してくれた。楽曲が始まる前にユーミンが「あ〜すごくうれしいです。 (胸元に手をあてて)このうっとしょツアー(宇宙図書館ツアー)は来年の9月まで続くんですが、そのステージの中でも今夜はすごい印象に残るできだったと思います。本当に一緒に盛り上げてくれてありがとうございました。〜ささやかなお礼を〜」で 始まった武部聡志の奏でる静かな伴奏・・・なんと「恋人がサンタクロース」のバラードバージョン。悲鳴に近いオーディエンスの声が聞こえてきた。楽曲が終ったあと、「ありがとうございました」と深々と一礼され手を振りながら下手へユーミンは下がっていかれた。 伴奏の武部聡志は、上手側から下がっていかれた。なんとスペシャルなライブだっただろうか、鑑賞できて本当によかった。
オリジナルグッズ販売
オリジナルグッズ販売
  • 終演後もグッズコーナーは

    • 大変盛況でした。クリスマスを目の前に大阪の2日間公演は終了しましたが、街はクリスマス本番。ユーミンの宇宙図書館コンサートツアーをご覧になった方々だけが、笑顔いっぱいと感じたのは私だけ・・・
PageTop