ユーミン*松任谷由実 大好き!神戸っこ

ユーミン 大好き!神戸っこは、ユーミンこと松任谷由実さんを応援するファンサイトです。

管理人レポ 最終日


毎年、苗場プリンスホテルで開催されてきた冬の定番「SURF&SNOW in Naeba」、2018年の開催が決定しました。 1981年にスタートしたユーミンの苗場コンサートは今回で38回目を迎えます。
こちらでは、ユーミン苗場2018のSURF & SNOW in Naeba Vol.38、最終日の管理人レポを紹介します!

2月16日最終日
当日券
案内
  • 最終日は・・・

    • 発売が決定し、ほっとされた方も多かったではないでしょうか?そういう私も、鑑賞できるのでしょうか?

最終日のお昼までのようす
上越新幹線 越後湯沢駅 苗場プリンスホテルの看板 2号館
  • 急遽の日程で

    • 参加することになった。チケットも幸運なことに確保。ホテル予約のアドバイスや参加する背中を押してくれた友人、陰で支えてくれた友人、心配で現地で待ってくれた友人たちに感謝して、苗場プリンスホテルに着いたときは感激。

最終日の夕方のようす
本館 ユーミン カップ
  • 寄り道をしていたので

    • ホテルに入ったのは夕方で、ユーミンカップの受付は既に終了していた。最終日のプレーヤーは、サックスアンドモアの伊勢賢治さんだった・・・

シルバークラフト&コンプリートのチケット
シルバークラフト シルバークラフト コンプリートのチケット
  • 私を和ますために

    • シルバークラフトで制作したものを見せてくれたり、コンプリートのチケットを並べてくれて写真を撮ったらいいと・・・優しいやさしい友人なのだ。

本編の出だし
ブリザーディウム
  • 最終日熱気に包まれる中21時2分

    • TAKAYUKIのパントマイムの終了直後、場内が暗転しリズム感あふれる曲が流れはじめると同時にメンバーとダンサー4人1組で客席通路から入場。新メンバーとなった佐々木 詩織、亜美、ベテランの今井 マサキの3名コーラスの歌声が心地よく場内に響く中、ピンクのナポレオンジャケット・ピンクのスカーフ・ブルーのパンツ・黒のブーティ 頭に白とブルーのマスクの飾りでユーミンが花道より登場すると、オーディエンスの熱気も最高潮に達する。
      1曲目『September Blue Moon』から総立ち、流石最終日だ!女性ダンサー4名の表情も初日とは違い、笑顔で楽しそうだ。 直後のMCでは、「38回目の苗場へようこそ!今回はカーニバルだよ!そして今夜は最終日!倒れずについてきてね!」

本編前半
祝い花
  • 5曲目『Blue Rain Blue』

    • 意気のあったテンポあるコーラスの歌声が心地よく耳に入ってくる。バナナを頭にのせた女性は、亜美。途中、コーラス3名が円形ステージへあがるが、最終日の今日は笑顔で歌っているのがわかった。この曲の終盤、ダンサー4名がダンスしながらコーラス3名が歌いながらステージ中央をまわり、その間ユーミンは中央で早着替えをおこなうのだ。楽曲終了と同時に、グッズのカンガを使ったアフリカンなポンチョ姿が披露されるもそのポンチョを両方からダンサーが引っ張っての衣装替え。そしてその衣装は、ゴールドと黒のロングドレス、黒の大きな羽飾りであった。

      直後のMC「わあ!驚いたでしょ!衣装の早換えでした。ここからちょっと昔のしっとりした曲をお送りしたいと思います。最初はほとんどやったことのない曲から」と始まったのは、6曲目『地中海の感傷』だ。

      7曲目『あの日にかえりたい』では、頭にリンゴをのせた佐々木詩織が歌い始める。山本潤子さんを思いださせるような、透き通った声はうっとりと聞き惚れる。

      8曲目『ずっとそばに』前奏が始まるとユーミンは、「この曲は亡くなったギターの中川さんのために歌います。」と歌い始めた。私が鑑賞した初日は無かったし2月7日生配信ではなかったが、いつから?とステージ上の天井を見たのは私だけではないだろう。ユーミンは1番を歌い終えると、間奏中は天井を見上げていた。中川雅也さんに少し語りかけていたのか?

      そしてユーミンは、白のカーディガンを胸の下で縛るスタイル、オリーブ色のロングパンツ、ストローハット、ゴールドのサンダルの衣装替えで花道より登場。アップテンポバージョンの9曲目『雪だより』が始まった。いつも私はこの曲を聴くと、苗場でお世話になっている方々の顔を思い浮かべる・・・しばし会えないのは、寂しい。会場のどこかで聴いていらっしゃるのがわかっていて、なおさらだ。偶然か、ユーミンはその方のブロックへ向けて歌っておられるのがなんだか・・・

リクエストコーナー
祝い花
  • 『雪だより』が終わると

    • 21時43分ごろリクエストコーナーがスタートした。Y-modeの生配信をやっているので、オーディエンスの顔がばっちり映っているにちがいない。
      直後のMCでは、 「どうもありがとうございました。さあここからは、苗場名物リクエストコーナー!今日初めて来られたって方はどのくらいいらっしゃいますか?結構いらっしゃいますね。伸びしろですよ。手を挙げたからって、当てるわけではないんですけどね。一応ルールを説明すると〜そっちにはイニシアチブはないのよ〜」と、ユーミンはあくまでカードは自分の手にあるとアピール。続けて「このコーナーには、なくてはならない人を紹介します。音楽監督 武部聡志!私のアーカイブ膨大なナンバーのほとんどが頭の中に入っています。武部さんなくしては、そしてこれは秘密なんですけど、日本の大きいミュージシャンの置屋を経営してまして〜音楽業界の人は足を向けて寝られないという〜早速いきたいと思います。」と話ながら、フリフラが点灯しているブロック方向へ進まれた。

      1人目は元気よく手を挙げて「私面白い!」とアピールする女性を指名するユーミン。「押しが強いです。お肌ツルツルです!〜」と言われリクエストしたのが『青いエアメイル』であった。オーディエンスからのブーイングもあって、ユーミンは退場命令。
      次に指名したのはラガーシャツの男性で、「2回目だろう!」「退場!」とオーディエンスからの声があがりこちらも退場。
      1人目が当たらない中、3人目は男性が指名された。なんと私が座っているブロック。男性は「つまらないです」と言うが、「一見つまらなそうですが」とユーミン。リクエストは『誕生日おめでとう』。「実は今日誕生日なんですよ。」と当たった男性は自己申告。以前は奥様と来られていたが、今は一人で。千葉の八街からの男性との会話中、武部聡志の譜面手直しは真剣であった。ユーミンは楽曲が始まって歌いだし前に、誕生日おめでとう!というポーズをリクエスト男性にされた。

      2人目は「わかめのあなた。利発そうな高校生かな?ほんのちょっと羽生結弦?」と指名されたのは本物の若い男性で、苗場は3回目の大学生だった。リクエストは『Choco-language』。
      こちらも、武部聡志の譜面手直しは真剣だった。「好きよ、好きよ♪」のあと、「忘れちゃった!」とリクエストされた男性に歌ってもらった。少し忘れたみたいとユーミン。歌終了後に「〜いやー困らせてくれましたね」と。

      最後のリクエストは、やはりアピールしているオーディエンスを指名。「あなたは今シーズン、最後の方なんですよ!」とユーミンが重要視しているのにも関わらず、『守ってあげたい』をリクエストしたので退場。
      次の男性を指名し『Good-bye friend』をリクエストされた。現在は東京の経堂で八王子出身の男性のエピソードは・・・その前にユーミンは「経堂って、昔牧場が付いているお店があったんですよ!」と、興味ある話をふった。どこだ?と後で探したオーディエンスはいただろう?話は高校時代の友人が亡くられたと・・・車を運転中に八王子の大橋で停まったときに、この曲が流れてきて号泣したんだと。楽曲中、リクエストの男性は天井を見上げるように、聴いていらした。亡くなった友人に語りかけているように・・・ ユーミンは歌終了後、「私も大事な友達を思い出しました〜」と感慨深げに話された。

      リクエストコーナー終了後、 「〜武部さん、ありがとう。今年も無事にこのコーナーを終えました。〜ありがとうございました。」とユーミンは、いつになくホッとされたように言われた。続けて「〜さあここからは、ノンストップですよ。最後はあんな曲もこんな曲も全部サンバにしちゃうんだから。今回はそういう企画だからね。覚悟してください。こんなアレンジで聴いていただくのも最初で最後かもしれませんので、ノリノリで楽しんでいってくださいね。〜」MC途中に、サポートメンバーが客席通路より入ってきてスタンバイしていた。続けて「〜私は負けないよ!いくつだか知ってる?最初はゆっくり行きますから、付いてきてね!」
      13曲目『灼けたアイドル』の前奏が始まるやいなやオーディエンスは総立ちだった。そして15曲目『稲妻の少女』までは、ゆっくりめのナンバーが続くのであった。

本編終盤
仮面
  • 15曲目『稲妻の少女』のあと

    • ユーミンからメンバー紹介があり花道を通って下がっていかれた。
      そしてしばらくして、白のフラメンコ調ドレス、ウッド調サンダル フルーツモチーフのヘッドドレスに衣装替えしたユーミンと4名の女性ダンサーが花道より登場。 16曲目『恋の一時間は孤独の千年』がスタートするのだが、今回のテーマであるサンババージョンでの披露。オーディエンス全員の腕にフリフラが付いて光ったり、仮面をかぶった者やターキーマラボーを付けたオーディエンスが盛り上がる中、20曲目『DESTINY』までがサンババージョンであった。

      19曲目『恋人がサンタクロース』では、Y-modeで気づいたことが現場で確認できた。
      4名の女性ダンサーがステージに移動、移動後に一人ずつユーミンとの絡みがあるのだ。ユーミンはこの絡みのとき、笑って少しだけ歌えないことがある。それは、ダンサー岩室 由美のときだった。岩室 由美がユーミンに近づいてくると、確かにユーミンは笑ってしまい歌えなくなっていた。一瞬のことだから、見逃してしまう。彼女の踊り?表情?が、ユーミンのツボにはまってしまうのだろう。

      本編最後の20曲目『DESTINY』の手振りだが、初日両手を挙げて上下するのは2回だったが、最終日は通常の3回に戻っていた。

      本編終了後、ステージセンターで輪になって手をつなぎ一礼。ユーミン、サポートメンバー、コーラス、ダンサーが手を振りながら花道を通って下がっていかれ、ユーミンはマイク無しで「ありがとう!」と退場していったのは23時13分。

アンコール
ポスター
  • アンコールでは

    • 白のシャツ、黒のジレ、黒のパンツ、茶色のアスコットタイ、ストローハットに衣装替えしたユーミンが、先に花道より登場。ステージ中央から、メンバー紹介を行った。
      『真夏の夜の夢』『BLIZZARD』ダブルアンコールの2曲が終わり、ユーミン・メンバー・コーラス・ダンサーと手をつなぎ丸くなって一周しオーディエンスに挨拶するが、コーラス亜美の表情が何か変であった。泣いているのか?

ダブルアンコール
コンプリートのチケット
  • 長く続く拍手の中

    • ユーミンと武部聡志が花道手前に登場する。そのときの歓声は、悲鳴に近いものがあった。 ステージ中央へ進むユーミンとキーボードへ進む武部聡志。
      始まったMCは、「本当にありがとうございます。今年も無事に開くことができました。皆がこうして来てくれるおかげ。心から感謝しています、ありがとう!去年はギターの中川さん、私の親友を亡くしたり、その前はドラムの宮田さんとどんどん去っていって、レクイエムと云えるセットリストだったんですけど、今年は打って変わってカーニバル。楽しんでいただけましたか?カーニバルのあとは、ちょっと切ない気持ちになります。最終日だし・・・。遠くに行ってしまった人たちにこの歓声を捧げたいなあって気持ちと、今会えている皆を本当に大切にしようと思います。今回のショー、こんなに喜んでもらえたらお届けしようと思っていた曲をお送りしたいと思います。」
      そして武部聡志の奏でるキーボードからは、『二人のパイレーツ』であった。「ありがとうございました!」とユーミンは、花道を下がっていかれた。

トリプルアンコール
ポスター
  • 今日は最終日

    • これで終わるはずもない!たくさんの拍手の中、ダブルアンコールで下がっていかれたユーミンは、早くも花道に武部聡志と登場された。花道を通ってセンターステージに立ったときに、ユーミンがオーディエンスに優しく語りかけた。
      「ありがとうございました。38年、凄いよね!40年もいきたい!45年もいきたい!そして50年も!本当にありがとう!」前奏が始まったのは『卒業写真』、最初から涙のユーミンは途中声を詰まらせオーディエンスとともにこの歌を歌った。
      「ありがとうございました!」と左手を高くあげて、花道を進んだ。出口付近で両手を振って下がっていかれた姿、38回目の苗場が終わった瞬間だった。

      コーラスが新しくなってダンサーも加わり、初日はオーディエンスにもその緊張感が伝わってきた。しかし最終日、あらためてその2人のコーラスの上手さが伝わり実力ある2名にサポートされていたのがわかった。Y-modeは遠方で苗場に行けない方々にはとてもありがたい。しかし、現場で感じられるいろいろな生のものには勝てないのが、最終日参加できてあらためて分かった。すべてのことに感謝して、私はずっとユーミンの後ろ姿を追い続けていきたいと思う。

2月17日のお昼
スコーン

美味しいお料理、温かい雰囲気、ホッとします。久しぶりでしたので・・・ありがとうございます。

PageTop